So-net無料ブログ作成

2018-12-31

隊長の日々の出来事・雑感を綴った「ブログ」の第135回は、『2018年を振り返る』をお送りします。



大晦日の東京都心の天気は、快晴[晴れ]です。いつもより空気が澄んでいて、空の青さが際立っています。お昼の気温は、7℃ですが、気持ち良い時間が流れています。



午後からは、今年最後のヒップホップダンスのレッスンに出かけます。夜は自宅で年越しそばを頂きながら、紅白歌合戦を観て[TV]過ごす予定です。


大晦日.jpg



さて、年末恒例 隊長の一年を振り返えってみたいと思います。



今年の海外旅行は、5月に6泊7日の日程で、中国湖北省武漢市と河南省信陽市を訪れました[飛行機]https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5c13c1da4ce3cb34c5fa6ea46270ee5e



国内旅行は、3月に「水戸」 ⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e39e984e9c6142c4b96185b8fee3127a



4月に「高尾山」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e019d563b281f7252de2388c201d258d へ日帰りで。



6月には、1泊2日で「小田原・熱海」 へ⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d06de2cce60cb5f8f70a2275016574b



7月に、2泊3日で「名古屋」に⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b188f979a210bf521ba9943106f46197



10月には、「伊勢志摩」へ2泊3日で⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ebcbedcf6e93cb41c015496f4b4fb780



そして12月には、日帰りで「江ノ島」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fba8099cd03597ad64f4da9690f5282d と、年間六回出かけました。



好きなプロ野球[野球]チーム、阪神タイガースの応援には、東京ドームに1回、神宮球場へ2回、西武ドームに1回、ナゴヤドームへ2回、ナゴヤ球場に1回の、計7回観戦に行きました⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/4aa91a87a04eacbc3c2222df6065bd1d



ダンス・芝居・ミュージカル・古典芸能の鑑賞には、計14回足を運びました⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/aa03bee8ce98591f1fc4f56a3adfa3c1http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e1e335843a7bf9f47fc197f5958cfbd8



また、劇団匂組(わぐみ) 第5回公演『律女立つ』の裏方として本公演のお手伝いをしました⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1fe131de085415099bd86d147ae58410



いろいろな経験をした今年一年でしたが、一番のハイライトは、1月から日本舞踊を始めたことです。



2月には、稽古を始めてから間もない内に、いきなり「日本舞踊おさらい会」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5dcdcbf842d869f18a770267ce356553 で、踊りました。



10月には、人生初めて「日本舞踊発表会」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/de6be518109600b2e97ff3e933ffb92f で舞台に立つ経験をさせて頂きました。


11110401.JPG



来年も健康面に留意し、楽しく無事に、一年を過ごしたいと思います。



みなさまには、今年一年、「隊長のブログ」をご覧頂きありがとうございました。それでは、良いお年をお過ごしください。



尚、『2015年を振り返る』は、こちらです⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4df0a62d63a3553a1d678de7e0ba636b


『2016年を振り返る』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4acff83b8acf254a3e51672f0c150ae1


『2017年を振り返る』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/99111dcf1dddee70fe2338b3970ca1a4


 



===「ブログ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/537663d2f182cab36960f0c42b1320ca


その1~120 省略


その121 2017/3/23 『銀座線特別車両に遭遇』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/270e03d3f88ef98a943a2433ed62093c


その122 2017/4/4 『ポーラ GACHI フェイスケアローション』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e409507389affead1dac970f1922707b


その123 2017/5/11 『南京へ行ってきます』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/135419a80481b5fe10b14c207b1a807d


その124 2017/6/19 『初夏の弘前、青森、函館へ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/37ee894cc2b6acad2d6c5df740dd1abd


その125 2017/7/6 『北イタリアへ行ってきます』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9ad7febcc3ade17c62bb621d36ee8b24


その126 2017/8/29 『地球温暖化対策地域推進協議会任期終了』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5c195f7b005e54fa1df174abe3fa803e


その127 2017/12/2 『ワインの使用済コルク栓どうしていますか?』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2242f7f6377f1dcac0a29c3fe36e6544


その128 2017/12/14 『日本100名城」登城記』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/94b560090f0c90ce702887beceaacb97


その129 2017/12/25 『新春デパート巡り乗車券』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b0aa517d697ea23d0066b337602a11bd


その130 2017/12/31 『2017年を振り返る』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/99111dcf1dddee70fe2338b3970ca1a4


その131 2018/2/24 『ワインラベルレコーダー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c9a6fac92c4da893082dbfad1a3838a4


その132 2018/4/5 『金の寶剣』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/30fe3193213ecf395f8a069923e63e3d


その133 2018/4/24 『カセットプレーヤー まだ売っていた』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edd1499aefc5564be6992cdf5cdbb11c


その134 2018/12/18 『7カラーチェンジャブルクロック』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f7edd13fd78751795239bc7b0ebb996


nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

猛虎通信 Vol.97 『2018年の総括』 [猛虎通信]

隊長が好きなプロ野球[野球]チーム、阪神タイガースを応援する「猛虎通信」の第97回は、『2018年の総括』をお送りします。


年の瀬も押し迫って来ました。そこで、年末恒例 隊長の「猛虎 今年の総括」です。


20180106182719.jpg



金本監督三年目の今シーズンは、『執念』 をチームスローガンとしてスタートしました。このスローガンは、「全身全霊を懸けて不屈の精神で立ち向かう。たとえ、どんなに苦しい局面になろうとも、最後の最後まで絶対に勝負を諦めない。その精神を全員が強く持ち、タイガースが変革し続ける一年にしたい。」との強い決意をスローガンとして表現したそうですが。。。



序盤、4月11日(水)に甲子園球場で行われた阪神対広島の2回戦では、『ルーキー高橋遥 初先発初勝利』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d8264a2a740950803286710efe58ca1a して、『執念』 を見せてくれました。その期待された高橋遥投手も、登板数6試合、2勝3敗の成績で、今シーズンを終えました。



5月初旬の東京ドームでの対読売三連戦、初戦は、秋山拓巳(たくみ)投手の投打にわたる活躍で9対0で大勝しましたが、第2戦はメッセンジャーの先発でしたが、1対3で、惜敗⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aefa98ef9abdc856f20846c78615f5cf 。結局、今シーズン8勝16敗1分と、宿敵読売に大きく負け越してしまいました。



その後も、チーム状態が上向くことはなく、10月8日神宮球場でのヤクルト戦の『関東最終戦で最下位決定』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9ba33b578e5bb27f33efff4ea6e19d8c してしまいました。この試合、三塁側・レフトスタンドからの、「金本辞めろ」とか「金本クビ」だとかヤジの嵐を浴びながら、監督は出口に向かい引き上げて行きました。ヤジが効いたのか、金本は3日後の10月11日に監督辞任を表明しました。



今年の一軍戦球場観戦は、東京ドームに1回、神宮球場に2回、西武ドームに1回、ナゴヤドームに2回、の計6回でした。二軍戦は、ナゴヤ球場での1回⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/12c9d6a81a0c2b5c301df20002470351 でした。



一軍観戦時の成績は、0勝6敗と1回も勝った試合を見られませんでした。阪神ファンになってから、個人的には、これまで最悪の成績です。



主力選手の動向ですが、



外国人では、ロサリオ内野手、マテオ投手、モレノ投手、が来季の構想から外れました。



特に、ロサリオは、キャンプ・紅白戦で絶好調で、タイガースファンに期待を抱かせましたが、オープン戦に入ると不振で⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7fdd1fa640ccb1b37a80a9610ad28dbf 結局は、自由契約になってしまいました。



日本人選手では、西岡剛内野手、今成亮太内野手が、戦力外通告となりました。二人ともベンチで積極的に声を出し、ムードメーカー的な存在だったので、残念な気持ちです。



例年は数人いた現役引退選手は、いませんでした。甲子園球場で引退試合がなかったのは、数年ぶりではないでしょうか。


img_181123_2_1.jpg



来年のチームスローガンは、『ぶち破れ!オレがヤル』に決まりました。矢野新監督の元、14年ぶりのリーグ優勝、29年ぶりの日本一、を是非とも目指して欲しいものです。


 


===「猛虎通信」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/4aa91a87a04eacbc3c2222df6065bd1d


Vol.1~85 省略


Vol.86 2017/11/10 『2017年ドラフト会議』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d66e99ac78aa2c0b652cc4c34d815a2


Vol.87 2017/12/21 『2017年の総括』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/69a053698b8d7d04388758e96f3aa7be


番外編 2018/1/9 『訃報:星野仙一さん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/18934953b859dfe60b8ba396a29b9c90


Vol.88 2018/2/6 『2018年の新戦力』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5510290e36518e6936cd1171f16eca07


Vol.89 2018/3/21 『ロサリオは本物か』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7fdd1fa640ccb1b37a80a9610ad28dbf


Vol.90 2018/4/3 『開幕戦行きたかった!!』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6b70afa0326a7a1aad3a3b109303dd7b


Vol.91 2018/4/16 『ルーキー高橋遥 初先発初勝利』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d8264a2a740950803286710efe58ca1a


Vol.92 2018/5/12 『リベンジならず』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aefa98ef9abdc856f20846c78615f5cf


Vol.93 2018/6/11 『3年ぶりの西武ドーム遠征も...』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/256347a51f960accc0cdba2bae4887cc


Vol.94 2018/7/30 『今年も花火が神宮に上がったけれど...』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/90c535aa6a71397fed848905b6804aca


Vol.95 2018/9/3 『甲子園で38日ぶりに勝利』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d07050c32a3f6cfc0ea450bb73a39bca


Vol.96 2018/10/16 『関東最終戦で最下位決定』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9ba33b578e5bb27f33efff4ea6e19d8c


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

食の文京 No.44 『中国料理 天外天』 [食の文京]

隊長の地元:東京都文京区の美味しい物を紹介する「食の文京ブランド100選」シリーズの第44回は、『中国料理 天外天』をお送りします。



文京区内のおいしいお店を選考して紹介しているのが「食の文京ブランド100選 2016~2018」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a6d5b14368fa17593a8c3a586b3cf163



選考委員長は、2015年9月に亡くなられた料理研究家の岸 朝子(きし あさこ)さん⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f42bf2e3a40f9bc23ba489d4e63fb58 です。



その100軒を文京区の地図上にマッピングした “おいしゅうございまっぷ” を、文京区観光協会が発行しています。 



今日ご紹介する『中国料理 天外天』は、文京区千駄木にある本格的四川料理のお店です。陳健民の元で修行したシェフが腕をふるいます。



店名の「天外天」の『天』とはこの地球上の空の事であり、その空のまた外、いわゆる果てしない宇宙の事です。私共『天外天』はこの果てしない、限りのないものを食の追求に置きかえて考えました。何か素晴らしいものが何か驚きがこの天外天でひとつでもかなえることが出来たとしたら…こんな思いを込めて、『天外天』 と名付けました。(同店公式HPより)



同店がノミネートされている「食の文京ブランド100選」の “各国料理” 部門に登録されているお店は5軒ありますが、湯島の「タイ料理 トンカーオ」は閉店のため現在は4軒です。



「隊長のブログ」では、4軒の内これまでに、


第14回で 『カレー専門店 デリー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8d14babcc0126b5d6b863f1539ecf246


第31回で 『玻璃家(ボーリージャー)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8b14b64e65f7d8051827325076b6f460


第34回で『MALIKA インドネパールレストラン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/67ff919dcf59f943d303cd6bab581262


の3軒を紹介しているので、これで4軒全てを制覇したことになります。



今回訪れたのは、「天外天 別館」。最寄り駅の東京メトロ[地下鉄]千代田線「千駄木駅」2番出口から「不忍通り」を駒込方向に進み、最初の角を左に入ります。


1.jpg



マンションの先にあるのが同店が入る「第三仲慶ビル」です。「根津神社(根津権現)」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ffa3ec056319f0fb09b0f149d8fea2a2 からも近いので、同社への参拝の帰りに訪れるのも良いでしょう。


2.jpg



エレベーターで2階へ。


3.jpg



ランチの営業時間は、11時半からと聞いていたので、11時25分頃に来店したのですが、既にオープンしていて店内には、既に先客が一組いました。


4.jpg



オーダーしたのは、“鶏肉のバーベキューソース炒めランチ” 1,050円(税込)。ランチには、スープ、ザーサイ、ライス(お櫃)、小皿、デザートがセットで付きます。


5.jpg



メイン料理は、鳥肉と銀杏が、柔らかく、味付けも上品な中華味です。


6.jpg



デザートは、“マンゴープリン”と“アンニンドウフ”から選べますが、マンゴーが大好き⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/39dd499e97b27251f52d3e3ca36ad9e2 なので、勿論“マンゴープリン”を頂きました。


7.jpg



このお値段で、美味しい中華を、お腹一杯に頂けて幸せでした。



尚、「天外天」の住所は、東京都文京区千駄木3-33-6。電話番号[電話]は、03-3822-3333です。


 



===「食の文京」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/a52f0d5a750f37d914378b5d2d103af2


No.1~30 省略


No.31 2015/3/18 『玻璃家(ボーリージャー)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8b14b64e65f7d8051827325076b6f460


No.32 2015/5/28 『金魚坂』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0f9da9ca937a9cdc5d0b31b3e5dfb70f


No.33 2015/9/15 『和・洋菓子 松右衛門』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3197283c32e1a43ba228bed88a987b06


番外編 2015/10/3 『訃報:岸 朝子さん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f42bf2e3a40f9bc23ba489d4e63fb58


No.34 2015/10/18『MALIKA インドネパールレストラン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/67ff919dcf59f943d303cd6bab581262


紹介 2016/2/6 『食の文京ブランド100選 2016~2018』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a6d5b14368fa17593a8c3a586b3cf163


No.35 2016/4/24 『フレンチレストラン洋食屋』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/153b4d6c2edb2284bbaddfc9d5726563


No.36 2016/12/14『御茶ノ水 小川軒』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/964613670f19fb946b27c906b0f181d4


No.37 2017/1/3 『ゆしま 花月』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/713d66ec05830d974eefa01c2bd10d5c


No.38 2017/4/20 『ビストロ グラッソ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f3a8dd4804eb4dfebe3895677d11b1f


No.39 2017/5/5 『讃岐饂飩 根の津』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/74dd51c04625b200a0943faeddacbca1


No.40 2017/6/6 『根津のたいやき』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c46252ecba7dc9b32bbc9c725166ae4c


No.41 2017/12/9 『ビストロ タカ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1f7534b14c5026b332b9fb1ed5531585


No.42 2018/7/22 『アウグスビール株式会社』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e06176df60024e7854e40aeaae229455


No.43 2018/9/8 『満川の「涼風うどんコース」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/35e6bc509ad7e4379ccf32c3af01e7b7


No.44 2018/12/29『中国料理 天外天』


nice!(12)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

テレビ Vol.240 『美の巨人たち~西郷隆盛像~』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ[TV] 番組」を紹介するシリーズの第240回は、『美の巨人たち西郷隆盛像』をお送りします。


隆盛.jpg



『美の巨人たち』は、テレビ東京系列で毎週土曜日の22:00~22:30に放送されている教養番組です。放送開始は、2000年4月8日。



この番組では、多くの作品群の中から一枚の絵(作品)にスポットを当て、その一枚に塗りこめられた秘密を深く追いかけることで、美の巨人たちの人間像をドキュメントしていきます。



ナレーションは、俳優の小林薫。



番組のスポンサーは、キリンと損保ジャパン日本興亜。



12月15日に放送されたのが、「上野のシンボル!高村光雲『西郷隆盛像』が愛され続ける理由」と題し、上野の山に置かれた高村光雲作『西郷隆盛像』を取り上げました。



丁度、12月16日に放送された、NHK大河ドラマ『西郷どん』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/23d0cfdba09eebdb33af4923715060bc 最終回前日ということもあり、興味深く観ました。



番組の冒頭では、銅像の除幕式で西郷の妻・糸が「うちの人はこげな人じゃございもはん!」と言ったエピソードが紹介され、なぜそう言ったかを追いかけて行きます。



作者の日本近代彫刻の父と呼ばれる男・高村光雲は、実はこのような批判が起こるのを覚悟で、あえて西郷をこの姿にしたと伝えられています。



しかも西郷の再現にはひとつ重大な問題がありました。なぜか一枚も写真が残されていなかったのです。そんな中でどうやって西郷の顔を作り上げたのか?



銅像設置から120年、『西郷隆盛像』はいかにして日本一有名な銅像となったのか。その堂々たる姿に潜む、意外な真相に迫りました。



この放送を観て、暖かくなったら上野に『西郷隆盛像』を見に行こうと思いました。



尚、『美の巨人たち』次回、来年1月5日(土)夜10からの放送予定では、「智・感・情」と題して黒田清輝の絵画を紹介します。


 



===「テレビ番組」 バックナンバー ===と
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d


Vol.1~225 省略


Vol.226 2018/7/23 『ドラマ「高嶺の花」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/76b9c119c1af55ef55f6b17640162b53


Vol.227 2018/7/25 『ドラマ「チア☆ダン」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/76eab828bd18704de05ff0a8795aa79f


Vol.228 2018/7/27 『ドラマ「この世界の片隅に」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1f83eddbdf9cd5f945395a01c7ec4595


Vol.229 2018/8/27 『ファミリーヒストリー「さだまさし」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d12630d882e791595ac00e9e1ac80559


Vol.230 2018/9/5 『アナザースカイ~友近~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ef6ad36319664f60f41b13a018c37cd3


Vol.231 2018/9/15 『ガイアの夜明け~独占!復活のシャープ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b7693824407e354c5a3f58efd4f326c


Vol.232 2018/10/9 『朝ドラ「まんぷく」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a47e73d4dc82d63594d5130285d31788


Vol.233 2018/10/23 『ドラマ「黄昏流星群」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b97db2177ce7f1dd1ffef6178793876


Vol.234 2018/10/31 『ドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5df6aee78ac4e1f5162d171a6e3ae0ca


Vol.235 2018/11/3 『ドラマ「下町ロケット」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01a38af83c7665f0cbe0864729965562


Vol.236 2018/11/5 『ドラマ「SUITS/スーツ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cde3dbea47eab576fe6755ddc27003e6
Vol.237 2018/11/8 『ドラマ「僕らは奇跡でできている」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d73a328dbda45bad863e5ffee8f154b0


Vol.238 2018/11/23 『出川哲朗の充電させてもらえませんか?~行くぞ絶景のイタリア!~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0b1f09078a152732c01aee54e8cfc311


Vol.239 2018/12/12 『ふらっとあの街 旅ラン10キロ「池袋→駒込」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/91dc41244fd7a70676eb115660917897


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

グルメ 255食 『「バドワイザー」 国内製造・販売終了』 [グルメ]

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第255回は、『バドワイザー」 国内製造・販売終了』をお送りします。


9718185_3L1.jpg



バドワイザー(略称:バド)は、米国ミズリー州セントルイス(St. Louis)に本社のあるアンハイザー・ブッシュ社のビールで、隊長の好きな銘柄の一つです。



「グルメ」カテゴリーの記事でも、二度取り上げています⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/166a17659dc75ce32bcfe89bda35e99ahttps://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cdc7ef46e96ed407718edf5030fe5002



日本では、キリンビールが、1993年からライセンスを取得し、製造・販売を行って来ましたが、今年末でその役目を終えることになりました。



また、隊長が登録していたバドワイザーファンのための会員組織“THE RED CLUB for Budweiser Fans”も、今日、12月26日17時で、閉鎖されてしまいます。



ネットでは、バドワイザーの柄を大きくデザインしたワンピースの衣装「バドスーツ」を着用し、製品の販促活動を担っていた「バドガール」の行方に注目が集まっているようです。


41f1e_1524_2cd6f6ee6dea72049e9375804ed44099.jpg



隊長が行方を気にしているのは、野球場[野球]で背中にビールサーバーを背負い、バドの生ビール[ビール]を売っていた売り子の存在です。彼女たちも、隊長は勝手に「バドガール」と呼んでいました。


11483_00.jpg



これまでに、「神宮球場」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/127270f7f16e94bba020d181c658beb9 や、「西武ドーム」での観戦の際に、バドを飲むのが楽しみでした。



ところが、今年10月8日に神宮を訪れた時には、「バドガール」はいませんでした⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9ba33b578e5bb27f33efff4ea6e19d8c



来シーズン、球場で「バドガール」を見ることが出来るのでしょうか。。。


 



===「グルメ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02


1~240食 省略


241食 2018/7/15 『和歌山の酒「車坂 純米大吟醸」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/41a2752467fa592479264114069efb3f


242食 2018/7/21 『栃木の酒「仙禽 ナチュール アン」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1ade431fe5a1d7ba52711268d3413f2c


243食 2018/7/30 『ケンタッキー ぜんぶ盛り』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/73e1d90112ca511c98c4fc2d0d311072


244食 2018/8/7 『家飲み海外ビール No.4』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7370a985fd007b8c1395ceda45207bff


245食 2018/8/13 『BECK'S COFFEE SHOP 池袋西口店』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0bdbd9e9b50cc10f77bc7c3107bd791d


246食 2018/8/20 『熊本名産「黒糖ドーナツ棒」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ec192b31b30d6200eb67ef84d5c0cfb2


247食 2018/9/2 『新潟の酒「イットキー」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9536f45eec9b209679768510f79cefb1


248食 2018/9/12 『普洱(プーアル)茶』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/515247a77cfadb8157872ab4af0f9531


249食 2018/10/5 『広島の酒「誠鏡 吟醸」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fc8fb85eafb4a3fa1c30336fda3edf66


250食 2018/11/2 『根岸の酒舗「鍵屋」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a35336b8eb8b60526d88c5af4171cbd9


251食 2018/11/13 『岐阜の酒「三千盛 彩醸」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee3c8249db141b26172f3ca8d7e5247f


252食 2018/11/27 『鎌倉紅谷「クルミッ子」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5f337ebe03297b951f9fba3f5291826


253食 2018/12/3 『山形の酒「楯野川 純米大吟醸 合流」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/46e7d209e1cc29611451bc74c09138b1


254食 2018/12/19 『家のみワイン No.8』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7fa1dd766b07e21ac4c86e20779a75aa


>

nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

街歩き 第78回 『東京十社巡り 「根津神社」』 [街歩き]

隊長の地元:東京都文京区内や近隣を散歩する「街歩き」シリーズの第78回は、『東京十社巡り「根津神社をお送りします。


0.jpg



記事にするのが大分遅くなりましたが、11月28日に「東京十社」の一社「根津神社(根津権現)」に参詣しました。



「東京十社」とは、明治天皇が明治元年(1868年)11月8日、准勅祭(ちょくさい)神社として幣帛(へいはく)を捧げられ、東京の鎮護と万民の平安を祈願されたお社のことです。



尚、「東京十社」の内、これまでに参拝したことのあるのは、五社です。



詳細は、こちらの参拝記一覧をご参照下さい⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/00d6cc552f97651c8d155f5c49f17b84



東京都文京区根津にある「根津神社は」、今から千九百年余の昔、日本武尊が千駄木の地に創祀したと伝えられる古社で、文明年間には太田道灌が社殿を奉建しています。



江戸時代五代将軍徳川綱吉は、世継が定まった際に現在の社殿を奉建、千駄木の旧社地より御遷座しました。



明治維新には、明治天皇御東幸にあたり勅使を遣わされ、国家安泰の御祈願を修められる等、古来御神威高い名社です。



同社は、つつじの名所としても知られ、毎年春の「つつじまつり」の際には、多くの人で賑わっています⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/13ab6556ca46cbe05e5751a96ac40795



アクセスは、[地下鉄]千代田線根津駅・千駄木駅、南北線東大前駅から徒歩5分です。前回ご紹介したのは、根津駅と東大前駅からのルートの「表参道口」からでしたが、今回は千駄木駅1番出口から向かいます。


1.jpg



程なくして「北口鳥居」前に到着です。


2.jpg



鳥居を潜り、突き当りに左手が「東参道」、右手が「西参道」の標識が。


3.jpg



東参道を進むと、文京区保護樹木の「スズカケノキ」が。


4.jpg



その先にあるのが、「社務所(客殿)」です。


5.jpg



園児たちが、落葉を拾いながら「舞殿」に向かっていました。


6.jpg



「社殿」は、「透塀(すきべい)」で囲まれています。


7.jpg



「楼門」から「唐門」の方を向き、[本]『司馬遼太郎 「街道をゆく 本郷界隈」』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/49ab040735f970ba1d3440835b38ccbc の表紙カバーと同じ構図で撮ったのが、一番最初の写真です。


50be65141540899c4cece154517b0363.jpg



重要文化財の「楼門」。


8.jpg


9.jpg


10.jpg



この「神橋」は、平成18年に境内整備事業の一環として架橋されました。


11.jpg



「つつじ苑」


12.jpg



「手水舎」


13.jpg



「唐門」


14.jpg



宝永二年(1705)、五代将軍綱吉は兄綱重の子綱豊(六代家宣)を養嗣子に定めると、氏神根津神社にその屋敷地を献納、世に天下普請と言われる大造営を行ないました。


15.jpg


16.jpg


17.jpg



翌年完成した権現造りの本殿・幣殿・拝殿・唐門・西門・透塀・楼門の全てが、欠けずに現存しています。



「御朱印」を頂けるのは、社殿右手にある「神札授与所」です。


18.jpg


19.JPG



尚、これまでに拝受した御朱印の数は、40です。



詳細は、こちらの記事一覧をご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e23a591aa7b880a9e451c519dc5e14a5



「狛犬」


20.jpg


21.jpg



社殿前にあるご神木・カヤの木には、神使の白蛇が住みつき、人々が願いごとをすると不思議と叶ったと言われています。


22.jpg



「西門」から「透塀」の外に出ます。


23.jpg



境内奥部に位置する末社「駒込稲荷神社」に向かいます。


24.jpg


25.jpg



最後に参拝したのが、これも末社の「乙女稲荷」です。


26.jpg


27.jpg



「西口鳥居」を潜り、境内の外へ出ました。


28.jpg



鳥居の前が、根津谷から本郷通りに上がる「根津裏門坂」です。文京区教育委員会の標識によると「坂上の日本医科大学の西横を曲がった同大学同窓会館の地に,夏目漱石の住んだ家(“ 猫の家”)があった」そうです。


29.jpg


 



===「街歩き」バックナンバー===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/c2c437caab6ac1e2be19246ef261eea9


第1回~65回 省略


第66回 2018/4/12 『小石川後楽園』(その1) https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/085e5dae722af6a8ec88c994c5c592ba


第66回 2018/4/13 『小石川後楽園』(その2) https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e62975e97124e028fe1901dc9bc1e325


第67回 2018/4/19 『御朱印巡り「湯島聖天 心城院」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9a1e9513a164681f199c155ba041c222


第68回 2018/4/22 『東京十社巡り「王子神社」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fdf36fb5459e096924547e1f27649953


第69回 2018/4/29 『御朱印巡り「鷺宮八幡神社」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/65beed11a6c52f0d3552ef37040eaec9


第70回 2018/5/5 『東京十社巡り「亀戸天神社」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a28edd4cac7bec4099397170750e3ce5


第71回 2018/7/17 『御朱印巡り「駒込法成寺」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2245cdf60c78cf3b98663cb71ebb592c


第72回 2018/8/25 『御朱印巡り「浅草寺」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20b32bc01dad3652208c4c01f1011672


第73回 2018/8/30 『御朱印巡り「浅草神社」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f9679cf5297172ddb1542e075917483f


第74回 2018/11/4 『御朱印巡り「護国寺」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ad427cf5efacb32ac5971a0460aca4f1


第75回 2018/11/14『炭団坂と坪内逍遥旧居・常盤会跡』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a3f973879f924a0aa26a36cf205a7dfd


第76回 2018/11/21『第40回湯島天神菊まつり』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/048a47ad74c22d18bb9fc9145cf50253


第77回 2018/12/9 『バラとステンドグラスの鳩山会館』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/70a4ea444aa47cda6f6f4db73fa7a76e


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

スポーツ No.153 『女王・伊調 完全復活』 [スポーツ]

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第153回は、『女王・伊調 完全復活』をお送りします。


伊調復活.jpg



年も押し迫った昨日(23日)は、全国各地でスポーツのビッグイベントが行われていました。全日本フィギュア選手権女子で、坂本花織選手が初優勝のニュースも気になりましたが、一番心に響いたのが、この『女王・伊調 完全復活』でした。



全日本レスリング選手権の最終日は23日、東京・駒沢体育館で行われ、女子57キロ級は五輪4連覇の伊調馨選手が、リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子選手に3-2で逆転勝ちし、旧階級を含めて3年ぶり13度目の優勝を果たしました。



決勝戦での残り10秒余り、1点を追いかける伊調は、川井梨の背後を取り2点を奪い、ぎりぎりの時間での見事逆転劇でした。


復活.jpg



今年の春先、栄和人元監督による「パワハラ」で、世間の注目と同情を集めた伊調。この事件の影響で、心理的にも肉体的にも厳しい期間を過ごしたと思いますが、この優勝で、まさに『女王・伊調 完全復活』と言って良いでしょう。


 



===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5
No.1~140 省略


No.141 2018/7/12 『大学ラグビー入場券 90~92年』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/437d2ba8292ad4a04af0de7dded7f5ff


No.142 2018/7/18 『W杯フランス20年ぶりの優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7bffdc94457eedbf9eb0ee83489d3850


No.143 2018/7/24 『御嶽海 初優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c40bfc9a210481062c6022b80eef0954


No.144 2018/8/3 『大学ラグビー入場券 93~96年』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ebcb7cd26a7625f151c63bd47cfd4a33


No.145 2018/8/17 『大学ラグビー入場券 97~99年』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3ce1568bf09c3775c0dc3e2be26307da


No.146 2018/8/22 『KANANO 2018県立農業高校の甲子園』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ed229babfff5d2b668df6897fd5350eb


No.147 2018/8/29 『東京ドームに清宮現れる』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/93de60650ebbb248a165bbdfd6666280


No.148 2018/9/7 『平成30年秋場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4887415516e249d54de3b02a75fc3f6d


No.149 2018/9/26 『白鵬 41度目の優勝を全勝で飾る』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b5e4431a4c3c60bf98a3291f0acf9d2


No.150 2018/10/30 『初めてのBリーグ観戦』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/498690297dbdf7fb170764601e4b9bd9


No.151 2018/11/11 『平成30年九州場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/21933fc4e2a4c5bc0483be693ea9f5d5


No.152 2018/11/28 『貴景勝 初優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eec55273ae87d9f95801ff8593f6ed31 


nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

アジアの歌姫 Part23 『台湾:グイ・ルンメイ』 [アジアの歌姫]

アジアで活躍する女性歌手・グループを紹介する「アジアの歌姫」シリーズの第23回は、『台湾:グイ・ルンメイ』をお送りします。


13272.jpg



今日ご紹介する『グイ・ルンメイ(中国語繁体字:桂綸鎂、英語:Kwai Lun-mei)』は、台湾の歌手・女優です。



これで、「アジアの歌姫」で紹介したのは;


台湾出身が、テレサ・テン、S.H.E、Dream Girls、レネ・リウ、レイニー・ヤン、アンバー・クオ、ジョリン・ツァイ、アリス・ツェン、グイ・ルンメイ、の9人・グループ。


中国・香港出身が、カレン・モク、ケリー・チャン、ココ・リー、黄 聖依、王 菲、田 原、周 迅、の7人。


韓国出身が、BoAと、パク・シネ、JYの3人。
,
フィリピン出身が、シャリース、ゼンディー、ビバリー、の3人。


タイ出身は、ウィチャヤニー・ピアカリン 1人。


の計23人・グループになりました。



台湾出身が一番多いのは、隊長の好みの結果でしょうね。



前回の「アジアの歌姫」では、同じ台湾出身の「アリス・ツェン(曾愷玹)」を紹介しているので、今回は、「グイ・ルンメイ」を取り上げない訳にはいきません。



何故なら、二人は2007年公開の台湾映画『言えない秘密』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7014b29800d3006fd9f0aeac6830c3b3 で、共演しているからです。



共演と言っても、「グイ・ルンメイ」演じるシャオユーは、既にこの世にいなくて、ジェイ・チョウ(周杰倫)演じるシャンルンにしか見えない存在なのですが。。。



この写真は、『言えない秘密』出演時のものです。


cap039.jpg



『グイ・ルンメイ』は、台湾台北市出身で、生年月日は1983年12月25日で、間もなく35歳になります。



新北市淡水区にある淡江大学フランス語・フランス文学科卒業。ニックネームは、「小鎂」。



17歳の時に台北で、映画監督であるイー・ツーイェンにスカウトされ、2002年に[映画]『藍色夏恋』でデビューしました。



歌手としては、2010年に彼女が出演した中国・香港映画『海洋天堂』の同名の主題歌「海洋天堂」がヒット[カラオケ]しました。この映画の音楽を、久石譲さんが担当したことでも、注目されました。



2015年度後期のNHK「連続テレビ小説」⇒『あさが来た』http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d1b12667d47c99cf9ab908153a5699bc で、波瑠さんがブレイクした時には、あまにりもグイ・ルンメイに似ていると話題になりました。


2017062100005_1.jpg


                     波瑠


 


「海洋天堂」


作詞:许朔
作曲:久石譲
歌 :桂綸鎂


 



 


 


===「アジアの歌姫」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/06f9e2c6703033f5e0bad1580ccc6e0e


Part1~10 省略


Part11 2015/5/3 『タイ:ウィチャヤニー・ピアカリン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/34f6214a4501e6d29ce4415183823c7a


Part12 2015/9/4 『台湾:レネ・リウ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0f2dfc4d206745f36c5be5d96092265b


Part13 2015/9/14 『台湾:楊 丞琳(レイニー・ヤン)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e6490cb6e0bd42342ae5a713f3284629


Part14 2015/11/19『韓国:パク・シネ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6c014cf89eb48b9d08a35f6072ec71d2


Part15 2016/1/15 『台湾:アンバー・クオ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9ebfd8aa85b94424b0012f57d4155b07


Part16 2016/7/3 『台湾:ジョリン・ツァイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ea642091013a1ebc3a1ce79f187be3c8


Part17 2016/12/11『中国:王 菲(フェイ・ウォン)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d37f3f0255f3562540427b13148f305c


Part18 2017/3/26 『中国:田 原(ティエン・ユエン)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f3cf9a0ed4a0b71269d4867dfd3b946f


Part19 2017/4/8 『中国:周 迅(ジョウ・シュン)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/331bdd92ff538b514f9916209ab3113b


Part20 2017/5/1 『韓国:JY(知英)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f9f762d06b934b220b00f2b9286ee4d2


Part21 2018/2/20 『フィリピン:Beverly』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/79ef73da940614473b609021c41a79a8


Part22 2018/11/20『台湾:アリス・ツェン』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/16116eaa81417dd4e9f2c5ccb21df571


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

映画 Film136 『Taxi4』 [映画]

隊長が、これまでに観た「映画[映画]」を紹介するシリーズの第136回は、『Taxi4』をお送りします。


Taxi4.jpg



『TAXi4』は、2007年に公開されたフランス映画「TAXiシリーズ」の第4作です。



製作・脚本は、リュック・ベッソン(Luc Besson)。監督は、ジェラール・クラヴジック(Gerard Krawczyk)。



主演が、サミー・ナセリ(Samy Naceri)と、フレデリック・ディーファンタル(Frédéric Diefenthal)。第1作からの同じ名(迷?)コンビです。


コンビ.jpg



他の出演者は、エマ・シェーベルイ、ベルナール・ファルシー、ジャン=クリストフ・ブーヴェ、エドゥアルド・モントート、など。



「TAXiシリーズ」は、これまでに;


1998年公開の『TAXi』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/09e5ca5b8146ef381ffe72c29b850d50


2000年公開『TAXi2』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/34f2ce7bd636a0e7125bed1df53f5dd0


2003年公開『TAXi3』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5e06b004c92e9c9bb25c715bfe220fc3


の、三作品を紹介しています。



あらすじ:フランス・マルセイユのタクシー運転手・ダニエル(サミー・ナセリ)とマルセイユ警察の刑事・エミリアン(フレデリック・ディーファンタル)は、数々の修羅場を潜り抜けて、今や大親友となっていました。前作ではまだお腹にいたそれぞれの子供が成長し、彼らもまた親友となっています。


そんなある日、通称ベルギーの怪物と呼ばれる凶悪グループーのボスを、マルセイユ警察が護送することになりますが、警察内から逃亡されてしまいます。そして、一味は、ベルギー王立銀行の貸金庫室に侵入することに成功して。。。



感想:この映画公開時には現役サッカー選手だったジブリル・シセ(本人)をサッカー場まで、ダニエルが自慢のプジョー・407のタクシーで、猛スピードで送り届けるのが、オープニングシーンです。『TAXi3』のオープニングでのシルヴェスター・スタローン同様に、コメディ映画に大物が登場して、冒頭から驚かせます。タクシーが、フィールドの芝生にまで乗り入れるのは、いくら何でもやり過ぎですよね。


署長(ベルナール・ファルシー)の間抜けぶりにも拍車がかかり、オーバーアクション気味の演技に興ざめです。


前半では、子供達の登場シーンが多かったので、事件解決のキーを握る役回りを演じさせるのかと思って観ていましたが、犯罪グループのアジト突入前に、ダニエルの義父の将軍(ジャン=クリストフ・ブーヴェ)に子供達を預けてしまうのですから。



第1作の敵役はドイツ人なので、登場する車がメルセデス・ベンツ。第2作は日本人なので、三菱ランサー。これらの車と、プジョーとのカーチェイスが見せ場でした。第3作では、雪山での走行シーンがあり楽しめたのですが、本作でのカーアクション・シーンが少なかったのは、不満です。敵役が自動車生産国でないベルギー人なので、車を多く登場させる必要がないと思ったのでしょうか。



コメディ性を強くしたために、「TAXiシリーズ」四作品の中で、『Taxi4』が一番面白くない仕上がりになったのは皮肉ですね。


 



 


 



===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f


Film1~125 省略


Film126 2018/5/1 『旅情』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/63567689611394d28e77b8558c7b3e3a


Film127 2018/7/25 『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e5b3fd4cc6a58b0c3cdbd587ac89adc2


Film128 2018/8/10 『天使の涙』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/53b2632e5c12c2ff9c9bd33358705577


Film129 2018/8/16 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/337626c8d78938a7031f30becb62726b


Film130 2018/8/21 『大空港』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4ef4d3694a07eb12707a6a119c497e44


Film131 2018/9/4 『言えない秘密』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7014b29800d3006fd9f0aeac6830c3b3


Film132 2018/9/13 『TAXi2』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/34f2ce7bd636a0e7125bed1df53f5dd0


番外編 2018/9/16 『訃報:樹木希林さん』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ff8331cea930236867d1659a7297a7b5


Film133 2018/11/12『ヘアスプレー』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/170d72b0f005a51c321d7fd436e63bb2


Film134 2018/11/15『恋する惑星』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ff0d07c9bddd00bac5b64937abcae468


Film135 2018/11/30『ダ・ヴィンチ・コード』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eb2f55f1ea3284f150df68f320c7f076 


nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

グルメ 254食 『家のみワイン No.8』 [グルメ]

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第254回は、『家のみワイン No.8』をお送りします。



これまでに「隊長のブログ」では;


『家飲みワイン No.1』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e495d3937650d0fccba61010d2acce57


『家飲みワイン No.2』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eb02c05957e2921fd5a2a19e8d9deea4


『家のみワイン No.3』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a20920e0007ca031a061b8d2149a0e07


『家のみワイン No.4』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/70a43e3cc1aa03c98422cbacc507c87e


『家のみワイン No.5』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7b7c841f9b7724f6624cea4aa61526dd


『家のみワイン No.6』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/47475ec17742377796874e3017f5634a


『家のみワイン No.7』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2fc3034234127b6d177526faf3442aec


で、家で飲んだワインを紹介しています。今回も、安価で気軽に家で飲めるワインを紹介します。



PICCINI CHIANTI (ピッチーニ キャンティ)


1.JPG


生産地:イタリア トスカーナ州


生産者:PICCINI (ピッチーニ )


アルコール分:12.5%


輸入者:東京ヨーロッパ貿易株式会社


価格:1,090円(税抜) 


3.JPG



イタリア中部に位置するトスカーナ州は、州都・フィレンツェはじめ文化遺産や自然景観で有名ですが、イタリア屈指のワインの宝庫でもあります。同州のキャンティ(CHIANTI)地方で生産されているのが、キャンティ・ワインです。



隊長も、昨年7月にフィレンツェでキャンティ・ワインを味わって⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bd044cd427c25f6b850e47d4941ea90d から、好きになりました。



このワインの生産者:ピッチーニ社は100年以上にわたり、イタリアワインの歴史とともに歩んできました。1882年、アンジェロ・ピッチーニは時代に先駆け、畑、セラーを設立し、 味にうるさいトスカーナのワイン好きを満足させるワインを造りはじめました。 1920年代には、2代目のマリオがイタリア中にピッチーニワインを広めます。さらに海外への輸出を始めると、すぐに注目のワイナリーとしてその存在は世界的に知られるものとなりました。



ピッチーニ キャンティは、フルーティな香りでサクランボの香りが優位です。フレッシュな口当たりで、軽いサクランボの風味を感じ、ソフトで滑らか、そして穏やかなタンニンを持つバランスの取れた味わいが特徴です。


2.jpg



イタリアの食料品原産地認定「DOCG」の文字がラベルに印刷されています。


 


PICCINI CHIANTI CLASSICO (ピッチーニ キャンティ・クラシコ)


4.JPG



生産地:イタリア トスカーナ州


生産者:PICCINI (ピッチーニ )


アルコール分:12.5%


輸入者:東京ヨーロッパ貿易株式会社


価格:1,690円(税抜) 



キャンティ地方の中で、老舗とされる キャンティ・クラシコ地域で生産されるのが、キャンティ・クラシコ・ワインです。キャンティ・ワインより「熟成期間」などが、厳格に管理されています。



LA PIUMA CHIANTI (ラ ピウマ キャンティ)


5.jpg



生産地:イタリア トスカーナ州


生産者:MGM MONDO DEL VINO (MGM モンド デル ヴィーノ)


アルコール分:12.5%


輸入者:東京ヨーロッパ貿易株式会社


価格:990円(税抜)



「MGM モンドデル ヴィーノ」は、1991年、Martini、Gabb、Mackの3人の醸造家により創業。彼らの頭文字を冠して「MGM」としました。



口当たりが良く親しみやすい味です。税込でも1,000円ちょっとでキャンティ・ワインを手軽に味わえます。


6.JPG



ボトル裏のラベルを「ワインラベルレコーダー」で剥がしたのですが、写真の様に失敗しました。



「DOCG」の紙ラベルでスクリューキャップがシールされています。


7.JPG


 


 


===「グルメ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02


1~240食 省略


241食 2018/7/15 『和歌山の酒「車坂 純米大吟醸」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/41a2752467fa592479264114069efb3f


242食 2018/7/21 『栃木の酒「仙禽 ナチュール アン」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1ade431fe5a1d7ba52711268d3413f2c


243食 2018/7/30 『ケンタッキー ぜんぶ盛り』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/73e1d90112ca511c98c4fc2d0d311072


244食 2018/8/7 『家飲み海外ビール No.4』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7370a985fd007b8c1395ceda45207bff


245食 2018/8/13 『BECK'S COFFEE SHOP 池袋西口店』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0bdbd9e9b50cc10f77bc7c3107bd791d


246食 2018/8/20 『熊本名産「黒糖ドーナツ棒」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ec192b31b30d6200eb67ef84d5c0cfb2


247食 2018/9/2 『新潟の酒「イットキー」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9536f45eec9b209679768510f79cefb1


248食 2018/9/12 『普洱(プーアル)茶』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/515247a77cfadb8157872ab4af0f9531


249食 2018/10/5 『広島の酒「誠鏡 吟醸」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fc8fb85eafb4a3fa1c30336fda3edf66


250食 2018/11/2 『根岸の酒舗「鍵屋」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a35336b8eb8b60526d88c5af4171cbd9


251食 2018/11/13 『岐阜の酒「三千盛 彩醸」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee3c8249db141b26172f3ca8d7e5247f


252食 2018/11/27 『鎌倉紅谷「クルミッ子」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5f337ebe03297b951f9fba3f5291826


253食 2018/12/3 『山形の酒「楯野川 純米大吟醸 合流」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/46e7d209e1cc29611451bc74c09138b1


nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ブログ その134 『7カラーチェンジャブルクロック』 [ブログ]

隊長の日々の出来事・雑感を綴った「ブログ」の第134回は、『7カラーチェンジャブルクロック』をお送りします。


DSC_0005.JPG



頂いた「7カラー・チェンジャブル・クロック」を、ベッド脇に置き、毎日使用しています。



この置時計は、時刻表示、カレンダー、アラーム(スヌーズ)、タイマー、温度計、と、5つの機能を持ち、それぞれの数字が液晶部に表示されます。



これだけでは、普通のデジタル置時計と大差ないですが、他と違うのは、機能を切り替える為に、液晶部を後ろに倒すと、バックライトが機能ごとに7色に変化します。



それで、「7カラー・チェンジャブル・クロック」と言うのですね。



遊び心が有って、使っていて楽しい置時計です。


 


===「ブログ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/537663d2f182cab36960f0c42b1320ca


その1~120 省略


その121 2017/3/23 『銀座線特別車両に遭遇』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/270e03d3f88ef98a943a2433ed62093c


その122 2017/4/4 『ポーラ GACHI フェイスケアローション』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e409507389affead1dac970f1922707b


その123 2017/5/11 『南京へ行ってきます』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/135419a80481b5fe10b14c207b1a807d


その124 2017/6/19 『初夏の弘前、青森、函館へ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/37ee894cc2b6acad2d6c5df740dd1abd


その125 2017/7/6 『北イタリアへ行ってきます』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9ad7febcc3ade17c62bb621d36ee8b24


その126 2017/8/29 『地球温暖化対策地域推進協議会任期終了』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5c195f7b005e54fa1df174abe3fa803e


その127 2017/12/2 『ワインの使用済コルク栓どうしていますか?』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2242f7f6377f1dcac0a29c3fe36e6544


その128 2017/12/14 『日本100名城」登城記』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/94b560090f0c90ce702887beceaacb97


その129 2017/12/25 『新春デパート巡り乗車券』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b0aa517d697ea23d0066b337602a11bd


その130 2017/12/31 『2017年を振り返る』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/99111dcf1dddee70fe2338b3970ca1a4


その131 2018/2/24 『ワインラベルレコーダー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c9a6fac92c4da893082dbfad1a3838a4


その132 2018/4/5 『金の寶剣』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/30fe3193213ecf395f8a069923e63e3d


その133 2018/4/24 『カセットプレーヤー まだ売っていた』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edd1499aefc5564be6992cdf5cdbb11c


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

学ぶ 51課 『江戸東京博物館』 [学ぶ]

隊長が行った展示会・講演・セミナー・発表会や考えた事、など「学ぶ」の第51回は、『江戸東京博物館』をお送りします。



東京都墨田区横網にある「江戸東京博物館」は、江戸東京の歴史と文化をふりかえり、未来の東京を考える博物館として平成5年(1993)に開館しました。


1.jpg



久しぶりに同館を訪れてみました。この日、利用したのは、都営地下鉄大江戸線。同線の両国駅A4出口から地上に出ると、7階建ての高床式の倉をイメージした同館のユニークな建物が目の前です。



1Fから3Fまでのエスカレーターが工事中で利用が出来ない為、建物の横からチケット売り場へ向かいます。


2.jpg



入館料は、600円。


3.jpg



橋の欄干飾り「擬宝珠(ぎぼし)」がモデルの“ギボちゃん”の記念スタンプ。


4.JPG



1Fロビーには、東京都台東区にある鷲(おおとり)神社から寄贈された大きな“熊手”が。


5.jpg



エレベーターで6Fの常設展示室入口へ。


5-2.jpg



中に入ると、5Fと6Fが吹き抜けになっている大きな空間で、いきなり「日本橋」の復元された姿が目の前にあります。


6.jpg



江戸時代の「日本橋」の規模は、全長28間(約15メートル)、幅4間2尺(約8メートル)でしたが、ここでは北側半分の14間を復元してあります。尚、現在の「日本橋」の姿はこちらです⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2c6001527d59c2c80aaea870f01a3cef


7.jpg



橋の真ん中に進み、左下の5Fを覗くと、江戸時代の代表的な歌舞伎の芝居小屋である「中村座」の復元された姿が。


8.jpg



右手下には、明治7年(1874)に創刊された「朝野新聞」の建物が。


9.jpg



橋を渡り、江戸城と町割りを説明しているゾーンを抜け、エスカレーターで5Fへ下ります。



ここでは、江戸時代に庶民が住んでいた長屋での暮らしを学ぶことが出来ます。


10.jpg



錦絵を出版していた「和泉屋市兵衛」の店が復元されています。


3.jpg



神田明神⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/36d6a8069984b43f16ccf6de55640a8e の祭礼「神田祭り」の“山車(だし)”も復元されています。


12.jpg



復元された「中村座」の正面部分は、原寸大の間口11間(約20メートル)、奥行3間(約5.5メートル)あります。看板類は、文化2年(1805)11月の顔見世興行(「清和源氏二代将」(せいわげんじにだいのゆみとり))を想定して作成されています。


13.jpg



江戸歌舞伎の代表的な演目「助六」が、架空の場面設定で展示されています。


14.jpg



下から見上げた「日本橋」


15.jpg



橋の下を潜ると時代は、江戸から東京へ移ります。



「朝野新聞」の建物


17.jpg



<浅草十二階>の名で親しまれた「凌雲閣(りょううんかく)」の模型。


18.jpg



「東京ビール」のモダンなポスター


19.jpg



大正15年/昭和元年(1926)に登場した“円タク”。市内を一円均一で走ったタクシーなので、“円タク”と呼ばれました。


20.jpg



時代は戦後になり、富士重工業(現・SUBARU)が、昭和33年(1958)に発売開始し、爆発的人気を誇った軽自動車「スバル360」。


21.jpg



昭和34年(1959)に建設された「ひばりが丘団地」の室内。


22.jpg



久しぶりに訪れた「江戸東京博物館」ですが、以前は殆ど見かけなかった外国人観光客の姿が目立ちました。8か国語対応の無料ボランティアガイドや、11か国語対応の貸出音声ガイド機のサービスが外国人に好評の様です。


 


 


=== 「学ぶ」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/f5db9e9e6a9e758b72bc946d007772f7


1~35課  省略


36課 2016/3/18 『東京からの恩返し~飲んで福島を元気に~』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e539412b2672ecbb8e1f39826dd3ea11


37課 2016/4/5 『英語の辞書』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/18fcdafd0f8ed88cef8c81dc28c0af0b


38課 2016/4/29 『貨幣博物館』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/64fa8bfb1977543a9fceee355cbe0840


39課 2016/5/5 『「REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸」展』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/11addb43f7b97097a81b49c03cda41cd


40課 2016/7/21 『あうるすぽっと 舞台講座』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/198760f8babdde0040e844631342d453


41課 2016/7/30 『真砂中央図書館リニューアルオープン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fcbb21e9ffb2fd03b97f50c9145e57a9


42課 2016/11/11『講演 高田明 ジャパネットたかた前社長』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/829a292c335d0cd1fe0a4d49b8880c04


43課 2016/12/9 『ゴッホとゴーギャン展』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ea3be452584eca1319bbbbaa90b321fb


44課 2017/2/27 『講演 原田規梭子 東洋学園大学学長』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68a8c27cb9fcbaa35d9531d1b43a4262


45課 2017/3/18 『これぞ暁斎!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fe7edea506fb4dcc49f99e105d5a527e


46課 2017/4/24 『「旅するイタリア語」で勉強中』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c47be7713ebf72b0cdfe5501cc00e0f9


47課 2017/7/18 『展示会「歓迎!本郷旅館街」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9c9c403e4e835de6939ed62ac88360c7


48課 2017/11/16『シャガール 三次元の世界』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b2a2ad178ba2613b3f74caba14a855c5


49課 2018/1/16 『写真展 オードリー・ヘプバーン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/11db822af7a11a268f53d73dd265e57f


50課 2018/3/6 『湯島天満宮 宝物殿』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/15da97c64a0047c895aa6a9869367247


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

旅行記 第25回 『江ノ島神社参拝』 (その2:最終回) [旅行記]

『江ノ島神社参拝』(その1)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fba8099cd03597ad64f4da9690f5282d



「江島神社辺津宮(えのしまじんじゃへつみや)」で、昇殿参拝を受けた後、「奉安殿(ほうあんでん)」へ、神職の方に先導されて向かいました。


1.jpg



「奉安殿」は、旧神楽殿跡に建てられた法隆寺夢殿を模した八角形のお堂。現在の建物は、平成27年(2015)に改修されたので、とても綺麗です。堂内には、江島神社の宝物を収蔵、展示していて、弁財天の拝殿も兼ねています。



江の島弁財天は、安芸の宮島「大願寺(だいがんじ)」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/140bebf2c081f70554ba79ff0ee77bda 、近江の竹生島(ちくぶしま)「宝厳寺(ほうごんじ)」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eed4d1f9b174c4878f39b24359eac419 、と並び日本三大弁財天の一つに数えられています。


2.jpg



弁財天は、元々は、インドのサラスバティという水の神でしたが、仏教に取り入れられて知恵の仏とされた。宗像神社や厳島神社の祭神である市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)の別の姿ともされています⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/55b58e54afffe373e69649d2c65cdddc


3.jpg



通常は、200円の拝観料ですが、昇殿参拝したので、無料でした。中には、「妙音弁財天(裸弁財天)」と「八臂(はっぴ)弁財天」が安置されていました。鎌倉時代中期の作とされている「裸弁財天」は、その名の通り、琵琶を抱えた全裸の座像です。「八臂弁財天」は、鎌倉時代初期の作で、源頼朝が鎌倉に幕府を開く時、奥州の藤原秀衡調伏祈願のため、文覚上人に命じて造らせたと伝えられています。残念ながら堂内の撮影は、禁止でした。



「奉安殿」の前にあるのが、「銭洗い池」。池には、「銭洗白龍王」が。


4.jpg



「奉安殿」の隣にあるのが、「八坂神社」。同社は、江島神社の境内社ですが、京都の八坂神社と同様に、祇園精舎の守護神・牛頭天王(ごずてんのう)を祀る社です。


5.jpg



「八坂神社」先の石段にある鳥居。


6.jpg



参拝を終え、12時から表参道にある「岩本楼」で宴会です。


7.jpg



「岩本楼」は、江戸時代までは岩本院と言われ、弁天社の本宮をあずかった一山の総別当とも言われる由緒ある院でした。現在では旅館として営業されています。


8.jpg


10.jpg



テーブルには、豪華な料理が並びます。


11.jpg



箸置きが鯛とは、江の島らしいですね。


12.jpg



羽衣会の皆さんによる踊りも披露されました。


13.jpg



お腹も膨らみ、「弁財天仲見世通り」を散策しながら、駐車場に戻ります。“たこせんべい”で有名な「あさひ本店」の前には行列が出来ていました。


14.jpg



通りから外れると、こんな場所もあります。


15.jpg


16.jpg



名物の“しらす”を売る店にも人だかりが。


17.jpg



15時半頃に江の島を出発し、バスは東京へ戻りました[バス]。楽しい旅行でしたが、唯一残念だったのは、富士山を見ることが出来なかったことです。


 


===「旅行記」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/619e2d4e0638d6d11db6b03fbe07a87a


第15回 『「星野リゾート 界 鬼怒川」と「日光東照宮」』2017年3月1日~2日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a177c028b03a1b344b6b23c9fed16661


第16回 『初夏の弘前・青森・函館 4日間』2017年6月19日~22日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d09e785c1fc19ce04ea07ed4cc183c03


第18回 『悪夢の広島遠征』2017年9月5日~7日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d61cba913733089ac78c0267032d2530


第19回 『紅葉の彦根・竹生島・浜松 3日間』2017年11月26日~28日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cc9cf791308f6dca6fbb623f099b3b56


第20回 『初春の水戸 日帰り旅行』2018年3月5日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e39e984e9c6142c4b96185b8fee3127a


第21回 『高尾山飯縄大権現参拝登山』2018年4月8日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e019d563b281f7252de2388c201d258d


第22回 『踊り子号で行く小田原・熱海 2日間』2018年6月16日~17日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d06de2cce60cb5f8f70a2275016574b


第23回 『灼熱の名古屋遠征』2018年7月31日~8月2日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b188f979a210bf521ba9943106f46197

第24回 『「しまかぜ」で行く伊勢志摩 3日間』2018年9月18日~20日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ebcbedcf6e93cb41c015496f4b4fb780


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

テレビ Vol.239 『ふらっとあの街 旅ラン10キロ 「池袋→駒込」』 [テレビ番組]

隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第239回は、『ふらっとあの街 旅ラン10キロ池袋→駒込をお送りします。


ふらっとあの街 旅ラン10キロ.jpg
『ふらっとあの街 旅ラン10キロ』は、NHK[TV] BSプレミアムで毎週水曜日の19:30~20:00に放送されている旅番組です。放送開始は、2018年4月4日。



この番組は、出演者が、走って10キロほど旅する「旅ラン」を通じ、街の意外な魅力を発見していきます。気になる場所や出会いがあれば、自由に立ち止まり、気ままに寄り道もします。



テレビに溢れている旅番組。移動手段は;


「鉄道[電車]」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0a21a506f8f6b5f5f15a0393744b09fa


「路線バス[バス]」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/10510441ccf46e9ed82172f79c42168b


「ローカル路線バス」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/209f00ca9da6a1addc0b6efe66f5baed


「電動バイク」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0b1f09078a152732c01aee54e8cfc311


「自転車」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4ea4d72baf92aa10bcd2921e430ad6d4


「空から」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b0a661f79594a438ee78b35a00bda882


と実に様々です。この番組が始まった当初、ついにランニングの旅番組が登場したのかと思ったものです。これだけ出揃ったらあと残っている移動手段で旅番組を作るとしたら、何があるでしょうか?



さて、「旅ラン」、11月17日に放送されたのが、「池袋→駒込」」と題し、女優・モデルの鈴木ちなみさんが、東京副都心の一つ、池袋をスタートして駒込まで走りました。


DryYovPUwAAzCG2.jpg



池袋を走り出した鈴木ちなみさん、最初に訪れたのが「目白庭園」。結婚式写真の前撮りに訪れていたカップルと出会います。



目白駅前を通り、文京区目白台の「肥後細川庭園」で一休み。隊長も訪れたことのある「胸突坂」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2de779378472a5fd47c190f71f86f6ce を上がります。



その後、「護国寺」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ad427cf5efacb32ac5971a0460aca4f1 を参拝。



「高岩寺(とげぬき地蔵)」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4cbd856ad9c3829a24e952ea672a2cc5 に立ち寄り、ゴールは文京区本駒込の「六義園」でした。



隊長の知っている場所が多かったので、どんなルートで移動するのか興味深く観ていました。



尚、『ふらっとあの街 旅ラン10キロ』次回、12月12日(水)夜7時30分から放送予定の回では、つるの剛士さんが、広島・尾道を走ります。


 


===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d


Vol.1~225 省略


Vol.226 2018/7/23 『ドラマ「高嶺の花」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/76b9c119c1af55ef55f6b17640162b53


Vol.227 2018/7/25 『ドラマ「チア☆ダン」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/76eab828bd18704de05ff0a8795aa79f


Vol.228 2018/7/27 『ドラマ「この世界の片隅に」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1f83eddbdf9cd5f945395a01c7ec4595


Vol.229 2018/8/27 『ファミリーヒストリー「さだまさし」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d12630d882e791595ac00e9e1ac80559


Vol.230 2018/9/5 『アナザースカイ~友近~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ef6ad36319664f60f41b13a018c37cd3


Vol.231 2018/9/15 『ガイアの夜明け~独占!復活のシャープ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b7693824407e354c5a3f58efd4f326c


Vol.232 2018/10/9 『朝ドラ「まんぷく」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a47e73d4dc82d63594d5130285d31788


Vol.233 2018/10/23 『ドラマ「黄昏流星群」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b97db2177ce7f1dd1ffef6178793876


Vol.234 2018/10/31 『ドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5df6aee78ac4e1f5162d171a6e3ae0ca


Vol.235 2018/11/3 『ドラマ「下町ロケット」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01a38af83c7665f0cbe0864729965562


Vol.236 2018/11/5 『ドラマ「SUITS/スーツ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cde3dbea47eab576fe6755ddc27003e6
Vol.237 2018/11/8 『ドラマ「僕らは奇跡でできている」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d73a328dbda45bad863e5ffee8f154b0


Vol.238 2018/11/23 『出川哲朗の充電させてもらえませんか?~行くぞ絶景のイタリア!~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0b1f09078a152732c01aee54e8cfc311


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

旅行記 第25回 『江ノ島神社参拝』 (その1)

国内を旅した記録「旅行記」の第25回は、『江ノ島神社参拝』をお送りします。



12月2日(日)に、「広尾弁天講」の『江ノ島神社団体参拝』に参加させていただきました。「江の島」を訪れるのは、に久しぶりです。



今年1月から習い始めた日本舞踊⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/de6be518109600b2e97ff3e933ffb92f の家元が、「広尾弁天講」(講元:北島義久様)の講中(こうじゅう)ということで、お誘いいただきました。



4月には、同じ講元の『高尾山飯縄大権現(いいづなだいごんげん)参拝登山』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e019d563b281f7252de2388c201d258d に初参加しています。



午前8時に渋谷区広尾を、観光バス二台で出発[バス]。二台の内一台は、日舞の「横山流羽衣会」の皆さんです。



バスは、港区内の入口から首都高速に乗る予定でしたが、この日は“MINATOシティハーフマラソン”が開催されていて、あちらこちらで交通規制が敷かれていて、なかなか高速に入れませんでした。



9時10分頃に東名高速港北パーキングエリアに到着し、約15分間のトイレ休憩。横浜横須賀道路を通り、逗子から海岸沿いを走ります。港区内を抜けてから順調に走っていたバスが、「江の島大橋」の100mほど手前から渋滞にはまりノロノロ運転運転です。「江の島大橋」にたどり着いて渋滞の理由が分かりました。“湘南国際マラソン”の交通規制です。多くのランナーが駆けている姿を見ながら、バスは橋を渡りました。



予定時間から30分遅れの10時半に、「江の島ヨットハーバー」手前の「藤沢市観光協会江の島駐車場」に到着しました。


1.jpg


2.jpg



さあ、「江島神社辺津宮(えのしまじんじゃへつみや)」に向けて出発です。天気は曇り[曇り]、気温は10℃ですが、足取りは軽いです。



途中、「江の島モース臨海実験所跡推定地」と書かれた看板がありました。アメリカ人の動物学者、E.S.モースが東洋初の臨海実験所をこの辺りに建てた記念だそうです。


3.jpg



駐車場から徒歩4~5分で、江の島への入口「青銅の鳥居」前へ。市指定文化財の青銅製の鳥居は、文政4年(1821)に再建されたものですが、両柱には数多くの寄進者名が彫られ江戸時代の信仰の広さを今に伝えています。


4.jpg



鳥居を潜ると「弁財天仲見世通り」と呼ばれる参道です。だらだら坂の参道の両側には旅館、飲食店、土産物店が軒を連ねています。この日も多くの観光客で賑わっていました。半数近くが外国人のようです。


5.jpg



何もなければ2~3分で通り抜けられる参道ですが、人混みをかき分け4~5分かけて「朱の鳥居」に到着。現在の鳥居は昭和11年(1936年)に建てられました。


6.jpg



鳥居の左手には、日本初の野外エスカレータ 「江の島エスカー」があるのですが、楽をせずに階段を登ります。


7.jpg



龍宮城を模して建てられた「瑞心門(ずいしんもん)」から通って来た参道を振り返ります。


8.jpg



険しい階段をさらに登ります。


9.jpg



やっと「手水舎」に辿り着きました。本社はもうすぐでしょう。


10.jpg



「青銅の鳥居」を潜ってから20分弱で「江島神社辺津宮社殿」前に。ここは、同鳥居から約44mの高さです。島内にある三つの宮=辺津宮、中津宮、奥津宮を総称して江島神社と呼ばれています。辺津宮には、田寸津比売命(たぎつひめのみこと)が祀られています。


11.jpg



“茅の輪”を潜るのは、今年の元日に参拝した「小石川大神宮」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7bba826b6f0f42a008c838eac0fc50d2 以来。


12.jpg



昇殿参拝を受けるため社務所に上がらせて頂きます。入口の脇には「広尾弁天講参拝」の看板が。


13.jpg



ご祈祷前に休憩室で一休み。窓からは、相模湾越しに対岸の藤沢の街並みが見えました。


14.jpg



11時15分頃に昇殿し、ご祈祷を受けました。その後、社務所左手の「御朱印所」で朱印を拝受しました。



「江島神社」。押印は社紋の“向い波”と“三枚の鱗”。


15.JPG



「弁財天」。


16.JPG



「龍宮(わだつみのみや)」。朱印帳に書いて頂くのではなく紙でしか頂けません。背景には龍神様の青い薄刷りが入っています。


17.JPG



初穂料は、3点セットで900円。尚、これまでに拝受した御朱印の数は、37です。



詳細は、こちらの記事一覧をご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e23a591aa7b880a9e451c519dc5e14a5


 


★ 続きは、『江ノ島神社参拝』 (その2:最終回)で ★


 


===「旅行記」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/619e2d4e0638d6d11db6b03fbe07a87a


第15回 『「星野リゾート 界 鬼怒川」と「日光東照宮」』2017年3月1日~2日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a177c028b03a1b344b6b23c9fed16661


第16回 『初夏の弘前・青森・函館 4日間』2017年6月19日~22日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d09e785c1fc19ce04ea07ed4cc183c03


第18回 『悪夢の広島遠征』2017年9月5日~7日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d61cba913733089ac78c0267032d2530


第19回 『紅葉の彦根・竹生島・浜松 3日間』2017年11月26日~28日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cc9cf791308f6dca6fbb623f099b3b56


第20回 『初春の水戸 日帰り旅行』2018年3月5日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e39e984e9c6142c4b96185b8fee3127a


第21回 『高尾山飯縄大権現参拝登山』2018年4月8日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e019d563b281f7252de2388c201d258d


第22回 『踊り子号で行く小田原・熱海 2日間』2018年6月16日~17日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d06de2cce60cb5f8f70a2275016574b


第23回 『灼熱の名古屋遠征』2018年7月31日~8月2日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b188f979a210bf521ba9943106f46197

第24回 『「しまかぜ」で行く伊勢志摩 3日間』2018年9月18日~20日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ebcbedcf6e93cb41c015496f4b4fb780


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。