So-net無料ブログ作成

演劇 48幕 『ウーマン・イン・マインド』 [演劇]

隊長が観た芝居・ミュージカル・古典芸能を紹介する「演劇」の第48回は、『ウーマン・イン・マインド』をお送りします。


omoter44.jpg


6月22日(土)の午後は、「劇団キンダースペース」 レパートリーシアター V0l.44『ウーマン・イン・マインド』を観に行ってきました。



キンダースペースの芝居を観るのは、昨年6月の『紙屋悦子の青春』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ef794773d8d2833bf20afca9b61afc1b 以来です。



会場は、JR京浜東北線・東京メトロ南北線「王子駅」北口より徒歩2分の北とぴあ15F「ペガサスホール」。



『ウーマン・イン・マインド』の作者は、イギリスの劇作家 アラン・エイクボーン。演出は、原田一樹。


urar44.jpg


隊長が観た回のキャストは、瀬田ひろ美、紺野相龍、花ケ前浩一、榊原奈緒子、関戸滉生、山中誠也、森下高志、本田かおり。



ストーリー:夫のジェラルド(花ケ前浩一)にも、息子のリック(関戸滉生)とも、上手く行っていない中年の主婦・スーザン(瀬田ひろ美)。二人への不満と、夢見る理想の家庭との乖離から、いつしか現実と夢の区別が付かなくなってしまいます。心の病んだスーザンは。。。



チラシに「この喜劇はいつしか・・・あなたの脳を壊すかも!」と書いてある様に、観ている内に、頭が混乱して来ました。スーザンにとって、現実の世界でやり直すことが良いのか、このまま夢のままで終わった方が良いのか。喜劇なはずなのに、最後には悲劇と映りました。



キャストの皆さんの熱演により、愛とは何か、家族とは何か、考えさせられた舞台でした。



尚、本公演は既に終了しています。 


===「演劇」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e1e335843a7bf9f47fc197f5958cfbd8


1~35幕 省略


36幕 2017/5/8  『ミュージカル「白雪姫 2017』川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b69d191f26dee9e518178c1d9332b03d


37幕 2017/7/22 『Faber&Ludens「家族のSHIN話」』荻窪小劇場 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a58c84cd654364c3280273926bd30f5


38幕 2017/10/1 『劇団匂組「ミロンガ」』SPACE梟門 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1577d024734ec57a1090c651011b1f09


39幕 2018/1/11 『三遊亭楽天 初笑い落語会』Brighton Studio Daikanyama http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/256841631762d6a3926a023363e684cd


40幕 2018/4/18 『上手に伝えられなくて』花まる学習会王子小劇場 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68d832a7cfb6aba04325b06121e6ab44


41幕 2018/6/23 『紙屋悦子の青春』キンダースペースアトリエ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ef794773d8d2833bf20afca9b61afc1b


番外編 2018/7/5『訃報:桂歌丸さん』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25d9f7362c786d8095c0f5dd5c0f92df


42幕 2018/7/29 『B.ブレヒト作「アンティーゴネ」』新生館スタジオ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25116b31a75f2804170fc4ec865d29e4


43幕 2018/8/19 『お笑い浅草21世紀「ホラーなほら話」』浅草木馬亭 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/253c53e6d3ff28dcbd6df292a6bafbf7


44幕 2018/9/1  『Faber&Ludens「錬金術師」』新生館シアター https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/38f8727026d850d4f4694436d53f884a


45幕 2018/11/6 『劇団匂組「律女立つ」』中野劇場MOMO https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1fe131de085415099bd86d147ae58410


46幕 2018/11/10『普通の女♪就活とダイエットと』赤坂明日にかける橋 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d257db7e913a92e72c93f1d6050ae5d4


47幕 2018/11/26『ミュージカル「しあわせのタネ」』座・高円寺 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cc6c31e45c24b08eb40f63aedf967adf


 


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

演劇47幕 『ミュージカル 「しあわせのタネ」』 [演劇]

隊長が観た芝居・ミュージカル・古典芸能を紹介する「演劇」の第47回は、『ミュージカル「しあわせのタネ」』をお送りします。


2018shiawasenotane_tokyo_f.jpg



11月22日(木)の昼に、『ミュージカル「しあわせのタネ」』を、観に行って来ました。



会場は、JR中央線高円寺駅徒歩5分の「座・高円寺2」。


IMG_20181122_134846.jpg



『しあわせのタネ』を観るのは、2015年11月に同じ「座・高円寺2」での公演⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/86251dae5fcd08d81adc691cac61a418 以来、3年ぶり3回目です。



脚本:坂口理子。演出:増澤ノゾム。音楽:鈴木あい。振付:ma-ya。



キャストは、新郎・新山誠役に大和田伸也・五大路子の長男の大和田悠太、新婦・重森香織役に追林留梨子、披露宴の司会者・日向豊役に剣持直明、新婦の祖父役に古川がん、大野タネ役に石毛佳世子、その他。


2018shiawasenotane_tokyo_b.jpg



2017年の東京公演以外は、全て観ていますが、年を追うごとに、芝居、音楽、歌、ダンス、全ての面でパワーアップしています。



ストーリーは、これまでの公演と大きく異なっている訳ではありませんが、今までより両家の対立を、歌と群舞で際立たせていて、面白さが増していました。対立するグループを歌と踊りで焦点を当てるのは、「ウェスト・サイド物語」から古今東西ミュージカルの定番ですが、今回はその反面、誠と香織の二人の愛情の深さとか、新郎・新婦それぞれの関係性が薄くなってしまった印象があります。



ラストで、生まれたばかりの赤ん坊を、舞台の下手から上手に並んだ出演者全員に手渡していく演出は、“命を繋ぐ”思いが伝わりました。



山形県鶴岡市の保育園児が出演して、歌ったり踊ったりしてくれましたが、舞台と客席が一体となったアットホームな雰囲気になり良かったです。



鈴木あいさんの音楽も良かった。彼女を含む三人の生演奏で、キャストが歌っていましたが、録音の演奏と違い、各出演者がノビノビと歌っていて、気持ちよく聴けました。



照明も出しゃばり過ぎず、かと言って適切な光を照らしていて良かった。



皆さん素晴らしい役者さん達でしたが、あえて、演技、ダンス、歌、それぞれで一番印象に残った一人を挙げると;



演技では、披露宴の司会者役の剣持直明さん。観客が披露宴への列席者で、剣持さんが「携帯電話の電源を。。。」と前説の様なふりで、最初に舞台に登場します。昨年の公演を観ていなかったので、剣持さんが既にこの役を演じていたことを知りませんでした。初めはオドオドとしていて、失礼ながら芝居の素人さんではないかと思いましたが、だんだんとそれが演技だとわかってきて、その自然なオドオド感でいっぺんに愛されるキャラに思えました。自分のことを語るモノローグも良かったし、素敵な役者さんですね。



ダンスでは、新郎の従姉妹役の百世(ももよ)さん。手足の長さを活かしたキレのある踊りを見せてくれました。“It's The Jazz Dance”と言えますね。



歌では、新婦役の追林留梨子さん。透明感ある歌声に、思わず涙がこぼれそうになりました。



今回の公演で一つだけ注文があります。今年も、当日パンフは結婚披露宴の席次表の様になっていて、スタッフ・キャストなどの紹介があります。しかし、確か前に観劇した時にあった専門用語の説明が記載されていませんでした。劇中、“種子法”だとが“F1種”の言葉が飛び交うのですが、農業に従事していない人、それも初めて「しあわせのタネ」を観た人にはチンプンカンプンだったのではないでしょうか。次回公演の機会があれば、当日パンフに専門用語の説明を載せた方が良いと思います。



尚、本年度の「しあわせのタネ」は、全公演終了しています。


 


 


===「演劇」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e1e335843a7bf9f47fc197f5958cfbd8


1~35幕 省略


36幕 2017/5/8 『ミュージカル「白雪姫 2017』川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b69d191f26dee9e518178c1d9332b03d


37幕 2017/7/22 『Faber&Ludens「家族のSHIN話」』荻窪小劇場 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a58c84cd654364c3280273926bd30f5


38幕 2017/10/1 『劇団匂組「ミロンガ」』SPACE梟門 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1577d024734ec57a1090c651011b1f09


39幕 2018/1/11 『三遊亭楽天 初笑い落語会』Brighton Studio Daikanyama http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/256841631762d6a3926a023363e684cd


40幕 2018/4/18 『上手に伝えられなくて』花まる学習会王子小劇場 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68d832a7cfb6aba04325b06121e6ab44


41幕 2018/6/23 『紙屋悦子の青春』キンダースペースアトリエ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ef794773d8d2833bf20afca9b61afc1b


番外編 2018/7/5『訃報:桂歌丸さん』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25d9f7362c786d8095c0f5dd5c0f92df


42幕 2018/7/29 『B.ブレヒト作「アンティーゴネ」』新生館スタジオ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25116b31a75f2804170fc4ec865d29e4


43幕 2018/8/19 『お笑い浅草21世紀「ホラーなほら話」』浅草木馬亭 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/253c53e6d3ff28dcbd6df292a6bafbf7


44幕 2018/9/1 『Faber&Ludens「錬金術師」』新生館シアター https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/38f8727026d850d4f4694436d53f884a


45幕 2018/11/6 『劇団匂組「律女立つ」』中野劇場MOMO https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1fe131de085415099bd86d147ae58410


46幕 2018/11/10『普通の女♪就活とダイエットと』赤坂明日にかける橋 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d257db7e913a92e72c93f1d6050ae5d4


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

演劇46幕 『普通の女♪就活とダイエットと』 [演劇]

隊長が観た芝居・ミュージカル・古典芸能を紹介する「演劇」の第46回は、『普通の女♪就活とダイエットと』をお送りします。



11月4日(日)の夜は、『普通の女 ♪就活とダイエットと』を、友人のHonjさんに誘っていただき、観に行って来ました。


1541235079873.jpg



『普通の女』を観るのは、 2012年12月の『普通の女4』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c80d5b82da5c9f481c8136140fd02471 以来です。



脚本は、前回同様、オオタスセリ。コメディ作家のオオタスセリさんは、自身が弾き語る[カラオケ]楽曲「ストーカーと呼ばないで」のヒットでも知られていますよね。



演出・音楽は、寺門一憲(てらかどかずのり)。前回観た時は、寺門さんは、演出となっていましたが、今回は、歌あり[るんるん]踊りありのミュージカル仕立ての作品で、演出・音楽となっています。



会場も、同じく、赤坂の寺門さんのお店「明日にかける橋(通称:あすかけ)」。『普通の女』を観るのは、ほぼ6年ぶりですが、「あすかけ」を訪れるのも、昨年12月⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/73445fe779fe5bd599d150d02b025128 以来、ほぼ1年ぶりです。



出演者は、大槻千草、葛城ゆい、椎名桂子、林美澄、守屋惠美、の5人。



今回の作品は、オムニバス形式の次の4本でした;



① 椎名桂子さんと、林美澄さんが演じる、“リストラされる女”2人と、葛城ゆいさん演じる、お局様の上司の女性が、緊急時の避難訓練の様子を演じました。『普通の女4』でも、同じ設定のお芝居が有りましたが、今回は、歌と踊りを織り交ぜ、よりパワーアップしていました。



② 大槻千草演じる就活中の“働きたい女”が面接に訪れた会社で、守屋惠美さん演じる受付嬢とのやり取り。



③ 葛城ゆいさんの一人芝居。



④ 結婚披露宴会場の外で演じられる、新郎の一人目の妻(椎名桂子)、二人目の妻(林美澄)、仙台から披露宴のために上京した女(葛城ゆい)、新郎の会社の後輩で酔っ払った女(大槻千草)、に新郎に殺意を覚えている女(守屋惠美)の5人の“駄目男に群がる女達”の物語。4作品の中では、これが一番面白かった。



女優さん達、皆さん演技だけでなく歌も上手ですね。くすり笑いあり、大笑いあり、楽しい時間が過ごせました。『普通の女』の魅力は、汗だくになって熱演する役者さんの姿を間近で見られることです。



尚、『普通の女 ♪就活とダイエットと』の公演は、明日、11月11日(日)、13:00と17:30の2ステージのみです。料金は、3,000円(ワンドリンク付き)。



「明日にかける橋」の住所は、港区赤坂2-14-7。電話番号は、03-3586-2360です。


 



===「演劇」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e1e335843a7bf9f47fc197f5958cfbd8


1~30幕 省略


31幕 2016/8/22 『ミュージカル「シンデレラ」2016』川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5725602225b22c88e0de871e8be077f


32幕 2016/9/13 『劇団匂組「虹の刺青」』東池袋アートスペースサンライズホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb


33幕 2016/10/1 『Only Stupid They』学芸大学千本桜ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edc5e6c3b2bd1c5a56607e92366ce244


34幕 2017/1/8 『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.6』築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a757e16f39d3c224b8fc9c4f31bfdf7


35幕 2017/2/19 『第二回 楽天・らっ好二人会』お江戸両国亭 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c84629280229cb0ab5b26e153d274eeb


36幕 2017/5/8 『ミュージカル「白雪姫 2017』川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b69d191f26dee9e518178c1d9332b03d


37幕 2017/7/22 『Faber&Ludens「家族のSHIN話」』荻窪小劇場 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a58c84cd654364c3280273926bd30f5


38幕 2017/10/1 『劇団匂組「ミロンガ」』SPACE梟門 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1577d024734ec57a1090c651011b1f09


39幕 2018/1/11 『三遊亭楽天 初笑い落語会』Brighton Studio Daikanyama http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/256841631762d6a3926a023363e684cd


40幕 2018/4/18 『上手に伝えられなくて』花まる学習会王子小劇場 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68d832a7cfb6aba04325b06121e6ab44


41幕 2018/6/23 『紙屋悦子の青春』キンダースペースアトリエ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ef794773d8d2833bf20afca9b61afc1b


番外編 2018/7/5『訃報:桂歌丸さん』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25d9f7362c786d8095c0f5dd5c0f92df


42幕 2018/7/29 『B.ブレヒト作「アンティーゴネ」』新生館スタジオ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25116b31a75f2804170fc4ec865d29e4


43幕 2018/8/19 『お笑い浅草21世紀「ホラーなほら話」』浅草木馬亭 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/253c53e6d3ff28dcbd6df292a6bafbf7


44幕 2018/9/1 『Faber&Ludens「錬金術師」』新生館シアター https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/38f8727026d850d4f4694436d53f884a


45幕 2018/11/6 『劇団匂組「律女立つ」』中野劇場MOMO https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1fe131de085415099bd86d147ae58410


 


タグ:普通の女
nice!(10)  コメント(0) 

演劇45幕 『劇団匂組 「律女立つ」』 [演劇]

隊長が観た芝居・ミュージカル・古典芸能を紹介する「演劇」の第45回は、『劇団匂組律女立つをお送りします。


律女立つチラシ表_圧縮.jpg



劇団匂組(わぐみ) 第5回公演『律女立つ』が、10月24日(水)~28日(日)まで、中野 劇場 MOMO で上演されました。隊長は、裏方として本公演のお手伝いをしました。



「劇団匂組」は、大学時代からの友人 大森匂子(わこ)さんが主宰する劇団です。



「隊長のブログ」では、大森匂子(わこ)さんの作品を、これまでに;


2012年6月公演の『泣いて笑った私の人生』@ 銀座みゆき館劇場⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e9aec8a60e8e7b375fe88cac45278ee9


2012年12月公演『あかつき』@ 荻窪アトリエだるま座⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/963b1a36fb399e91a334a0816ce2a5f2


2013年10月公演『1300里の彼方~えにしの氷川丸』@ 銀座みゆき館劇場⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8105ee6e7fc73d7a3f5c152fcff25cb0


2013年1月公演『みすゞかる』@ 新宿三丁目SPACE雑遊⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1bc9ed6087b91559e8840b4c64971d69


2016年9月公演『虹の刺青』@ 東池袋アートスペースサンライズホール⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb


2017年10月公演『ミロンガ』@ SPACE梟門⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1577d024734ec57a1090c651011b1f09


の六本を紹介しています。



今回の『律女立つ』は、俳人、正岡子規の妹、律の物語です。正岡律は、二度の離縁の後、母八重とともに松山から上京し、下谷の根岸で結核性カリエスを患う子規を支えました。壮絶な介護の後、共立女子職業学校(現・共立女子大学)に学び、やがて裁縫科の教師となり。。。



演出は、釜紹人さん。



キャストは、正岡律役に、那須史子さん。正岡子規役に、にちょうぎロングビーチさん。正岡八重役に、岩倉高子さん。鳩山春子役に、ささいけい子さん。夏目漱石役に、生亀一真さん。秋山真之役に、田戸岡和樹さん。中村不折役に、坂元秀平さん。河東碧梧桐役に、小林将司さん。高浜虚子役に、 森路敏さん。寒川鼠骨役に、誠弍(せいじ)さん。伊藤左千夫役に、手塚優さん。山岸さと役に、高中愛美さん。(台本記載順)



終演後、多くの方々から、感動したとの声を頂き、中には涙ぐみながら会場を離れるお客様もいらっしゃいました。



尚、劇団匂組、次回第6回公演は、2019年10月23日(水)~27(日)まで、下北沢の「OFF・OFFシアター」で行なう予定です。


 


===「演劇」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e1e335843a7bf9f47fc197f5958cfbd8


1~30幕 省略


31幕 2016/8/22 『ミュージカル「シンデレラ」2016』 川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5725602225b22c88e0de871e8be077f


32幕 2016/9/13 『劇団匂組「虹の刺青」』 東池袋アートスペースサンライズホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb


33幕 2016/10/1 『Only Stupid They』学芸大学千本桜ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edc5e6c3b2bd1c5a56607e92366ce244


34幕 2017/1/8 『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.6』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a757e16f39d3c224b8fc9c4f31bfdf7


35幕 2017/2/19 『第二回 楽天・らっ好二人会』お江戸両国亭 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c84629280229cb0ab5b26e153d274eeb


36幕 2017/5/8 『ミュージカル「白雪姫 2017』川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b69d191f26dee9e518178c1d9332b03d


37幕 2017/7/22 『Faber&Ludens 「家族のSHIN話」』 荻窪小劇場 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a58c84cd654364c3280273926bd30f5


38幕 2017/10/1 『劇団匂組「ミロンガ」』SPACE梟門 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1577d024734ec57a1090c651011b1f09


39幕 2018/1/11 『三遊亭楽天 初笑い落語会』Brighton Studio Daikanyama http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/256841631762d6a3926a023363e684cd


40幕 2018/4/18 『上手に伝えられなくて』花まる学習会王子小劇場 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68d832a7cfb6aba04325b06121e6ab44


41幕 2018/6/23 『紙屋悦子の青春』キンダースペースアトリエ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ef794773d8d2833bf20afca9b61afc1b


番外編 2018/7/5『訃報:桂歌丸さん』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25d9f7362c786d8095c0f5dd5c0f92df


42幕 2018/7/29 『B.ブレヒト作「アンティーゴネ」』新生館スタジオ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25116b31a75f2804170fc4ec865d29e4


43幕 2018/8/19 『お笑い浅草21世紀「ホラーなほら話」』浅草木馬亭 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/253c53e6d3ff28dcbd6df292a6bafbf7


44幕 2018/9/1 『Faber&Ludens「錬金術師」』新生館シアター https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/38f8727026d850d4f4694436d53f884a


 


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

演劇44幕 『Faber&Ludens 「錬金術師」』 [演劇]

隊長が観た芝居・ミュージカル・古典芸能を紹介する「演劇」の第44回は、『Faber&Ludens 「錬金術師」』をお送りします。


0c821c_60fb577511e4425f85ccf33a0969c316~mv2_d_5846_4134_s_4_2.jpg



8月26日の昼は、Faber&Ludens 第4回公演「錬金術師」を観に行って来ました。



「Faber&Ludens(ファーベルとルーデンス)」は、2016年に寺本晃輔が演劇を創る場として設立。カンパニー化はせず作品ごとに出演者とスタッフを集めて公演を行う。新作・古典を問わず刺激的で革新的な“新しい演劇”を創ることを目的としている。(劇団HPより)



同劇団の観劇は、2017年7月の「家族のSHIN話」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a58c84cd654364c3280273926bd30f5 に引き続き、二度目です。



会場は、北池袋の「新生館シアター」。


DSC_0020.JPG



「錬金術師(原題:The Alchemist)」は、17世紀イギリスの劇作家・詩人「ベン・ジョンソン(Ben Jonson)」の戯曲です。同時代の劇作家・詩人と言えば、シェイクスピアが有名ですが、「錬金術師」は、日本でも数多く上演されて来ました。



本作品の翻訳・演出は、寺本晃輔。



キャストは、寺本晃輔、石原滉也、楚南勇真、Erico、志村伸夫、手塚優、杉井孝光、加藤ひろき、小笠原亨、藤達成、倉持太稀、笠原ちゃこ。


0c821c_a910512c29da4f4d855718e61564c54b~mv2_d_5846_4134_s_4_2.jpg



物語の舞台は、17世紀のイギリス・ロンドン。ペストの流行で主人(寺本晃輔)は屋敷を逃げ出して、そこに残されたのは召使いただひとり。ハメを外した彼が、知り合ったのが、いかさま詐欺師・サトル(石原滉也)と、淫売女・ドール(Erico)。



舌先での荒稼ぎを企み、ペテン師・フェイス(楚南勇真)は二人とともに、主人の屋敷を使っての大芝居。手相占い、占星術、未来予知を使って、お守りのハエ、女を売りに出し、あらゆる手段を使ってダマし倒す!さらには、人類究極の夢、錬金術、賢者の石までもちだして……



イギリスの古典喜劇を、現代の日本でどの様に演じるのか、注目していましたが、風刺劇として観れば、当時の時代背景も見えて来ますが、喜劇としての面白味には欠けていました。実際、隊長が観劇した回では、観客からクスリとの笑いも出ませんでした。



客席の通路を走る回るなど、役者さんは熱演していたのですが、セリフ回しを流暢にしようとか、ストーリーを着実に追っかけよう、とするばかりに「錬金術師」の喜劇としての要素が観客に伝わらなかったのだと思います。



1週間前に観た「お笑い浅草21世紀」の芝居⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/253c53e6d3ff28dcbd6df292a6bafbf7 とは対極でした。同芝居では、役者さんに余裕と間があり、笑いを巻き起こしていました。



一方、今回の「錬金術師」、スピーディーな展開なのですが、余裕と間がありませんでした。客席からの笑いを取るのには、ある程度の年季が必要なのかも知れませんね。



尚、本公演は既に終了していて、「Faber&Ludens」の次回公演「バードケージ」は、11月21日~25日の上演予定です。


 



===「演劇」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e1e335843a7bf9f47fc197f5958cfbd8


1~30幕 省略


31幕 2016/8/22 『ミュージカル「シンデレラ」2016』 川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5725602225b22c88e0de871e8be077f


32幕 2016/9/13 『劇団匂組「虹の刺青」』 東池袋アートスペースサンライズホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb


33幕 2016/10/1 『Only Stupid They』学芸大学千本桜ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edc5e6c3b2bd1c5a56607e92366ce244


34幕 2017/1/8 『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.6』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a757e16f39d3c224b8fc9c4f31bfdf7


35幕 2017/2/19 『第二回 楽天・らっ好二人会』お江戸両国亭 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c84629280229cb0ab5b26e153d274eeb


36幕 2017/5/8 『ミュージカル「白雪姫 2017』川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b69d191f26dee9e518178c1d9332b03d


37幕 2017/7/22 『Faber&Ludens 「家族のSHIN話」』 荻窪小劇場 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a58c84cd654364c3280273926bd30f5


38幕 2017/10/1 『劇団匂組「ミロンガ」』SPACE梟門 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1577d024734ec57a1090c651011b1f09


39幕 2018/1/11 『三遊亭楽天 初笑い落語会』Brighton Studio Daikanyama http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/256841631762d6a3926a023363e684cd


40幕 2018/4/18 『上手に伝えられなくて』花まる学習会王子小劇場 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68d832a7cfb6aba04325b06121e6ab44


41幕 2018/6/23 『紙屋悦子の青春』キンダースペースアトリエ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ef794773d8d2833bf20afca9b61afc1b


番外編 2018/7/5『訃報:桂歌丸さん』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25d9f7362c786d8095c0f5dd5c0f92df


42幕 2018/7/29 『B.ブレヒト作「アンティーゴネ」』新生館スタジオ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25116b31a75f2804170fc4ec865d29e4


43幕 2018/8/19 『お笑い浅草21世紀「ホラーなほら話」』浅草木馬亭 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/253c53e6d3ff28dcbd6df292a6bafbf7


 


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

演劇 43幕 『お笑い浅草21世紀 「ホラーなほら話」』 [演劇]

隊長が観た芝居・ミュージカル・古典芸能を紹介する「演劇」の第43回は、『お笑い浅草21世紀 「ホラーなほら話」』をお送りします。


1.jpg



昨日(8月18日)の昼は、「浅草木馬亭」に『お笑い浅草21世紀「ホラーなほら話」』を観に行って来ました。



「お笑い浅草21世紀」は、「浅草木馬亭」をメインに活動している、今年創立20周年を迎えた喜劇劇団です。



同劇団を観劇するのは、2014年7月公演「お菊の皿」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3ba37441036907ba1976cea477cd7806


同年12月の「文七元結」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/05fc3265024be69f60fc3ec0f595ce72


2015年5月公演「微笑み5倍返し」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f2f58fe0931a1029253a1addf9daae83


に次いで四回目です。



「浅草木馬亭」への道のりは、今回も「浅草寺境内」を抜け、左手にある「奥山おまいりまち」に入ります。「奥山おまいりまち」は、江戸時代中期よりこの通りのある奥山を中心に見世物小屋や大道芸などで賑わっていたそうです。


2.JPG



通りを進むと、右手に最初に見えてくるのが、大衆演劇の「木馬館」。


3.JPG



その隣の「木馬亭」の前では、劇団員が呼び込みをしていました。


4.JPG



2部構成の1部のオープニングは、座長“大上こうじ”さんと、劇団の振付担当“しのはら美加”さんの日舞でした。ジュディ・オングさんの「魅せられて」の曲で踊るのですが、随所の笑いをぶち込んできます。



次が、“ケンコウ奉仕”さんの漫談。時節柄、夏負け防止法などの健康漫談でした。ダジャレを交えて、病気・健康に関する漫談と言えば、“ケーシー高峰”さんを思い出します。



三番目に登場した猿の形態模写の“三木ヒロシ”さん。彼の芸風は、毎回同じなので、正直飽きてしまいました。



次が、“大上こうじ”さんと“めだちけん一”さんの「フリーパー」によるコント。ゴルフを題材としたコントでしたが、笑わせてもらいました。



一部の最後が、“藤正樹”さんの歌謡ショー。1973年に15歳でデビューした藤正樹さん、すっかり人の好さそうなおじさんになっていました。デビュー曲の「忍ぶ雨」などを歌ってくれました。相変わらずの渋い歌声でしたね。



10分間の休憩を挟んで、2部は「ホラーなほら話」と題した芝居です。“大上こうじ”さん、“めだちけん一”さん、“しのはら美加”さん、“真木淳”さん、などが出演。



介護問題、オレオレ詐欺、など時事ネタを盛り込んだ喜劇です。特に笑わせてくれたのが、オレオレ詐欺犯に扮した“大上こうじ”さんと刑事役の“根本貫一”さんのやり取りでした。



おそらく舞台経験が乏しい根本さんへの大上さんのツッコミ。それにオドオドしながら、反応する根本さん。素人いじりは、萩本欽一さんゆずりの浅草喜劇の伝統なのですね。



尚、本公演は既に終了していて、「お笑い浅草21世紀」の「浅草木馬亭」での次回公演は、9月9日からです。


 


===「演劇」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e1e335843a7bf9f47fc197f5958cfbd8


1~30幕 省略


31幕 2016/8/22 『ミュージカル「シンデレラ」2016』 川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5725602225b22c88e0de871e8be077f


32幕 2016/9/13 『劇団匂組「虹の刺青」』 東池袋アートスペースサンライズホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb


33幕 2016/10/1 『Only Stupid They』学芸大学千本桜ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edc5e6c3b2bd1c5a56607e92366ce244


34幕 2017/1/8 『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.6』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a757e16f39d3c224b8fc9c4f31bfdf7


35幕 2017/2/19 『第二回 楽天・らっ好二人会』お江戸両国亭 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c84629280229cb0ab5b26e153d274eeb


36幕 2017/5/8 『ミュージカル「白雪姫 2017』川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b69d191f26dee9e518178c1d9332b03d


37幕 2017/7/22 『Faber&Ludens 「家族のSHIN話」』 荻窪小劇場 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a58c84cd654364c3280273926bd30f5


38幕 2017/10/1 『劇団匂組「ミロンガ」』SPACE梟門 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1577d024734ec57a1090c651011b1f09


39幕 2018/1/11 『三遊亭楽天 初笑い落語会』Brighton Studio Daikanyama http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/256841631762d6a3926a023363e684cd


40幕 2018/4/18 『上手に伝えられなくて』花まる学習会王子小劇場 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68d832a7cfb6aba04325b06121e6ab44


41幕 2018/6/23 『紙屋悦子の青春』キンダースペースアトリエ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ef794773d8d2833bf20afca9b61afc1b


番外編 2018/7/5『訃報:桂歌丸さん』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25d9f7362c786d8095c0f5dd5c0f92df


42幕 2018/7/29 『B.ブレヒト作「アンティーゴネ」』新生館スタジオ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25116b31a75f2804170fc4ec865d29e4


 


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

演劇 42幕 『B.ブレヒト作 「アンティーゴネ」』 [演劇]

隊長が観た芝居・ミュージカル・古典芸能を紹介する「演劇」の第42回は、『B.ブレヒト作 「アンティーゴネ」』をお送りします。


アンティーゴネ表.jpg



7月22日(日)の夕方は、「想像集団 池小」 B.ブレヒト作 『アンティーゴネ』を観に行ってきました。



会場は、東武東上線・中板橋駅から徒歩4分の「イプセンスタジオ(新生館スタジオ)」。



ベルトルト・ブレヒト(Bertolt Brecht)は、ドイツの劇作家、詩人で、代表作には『肝っ玉お母とその子供たち』、『三文オペラ』、『ガリレイの生涯』などがあります。



1898年に旧・ドイツ帝国で生まれたブレヒトは、反戦思想に目覚め、ナチス政権が誕生するとアメリカに亡命。彼の演劇理論は、日本を始め世界の演劇界に大きな影響を与えました。



ブレヒトの『アンティーゴネ』は、ソポクレスが書いた、ギリシャ悲劇「アンティーゴネ」を、舞台用に改作したものです。



本公演の企画・構成台本は、渡辺美英子。演出は、鈴木龍男(前進座)。音楽、宮沢勝之。



キャストは、石出勇騎、稲元洋平、金子由夫、坂井ひろし、菅原司、田崎紀子、野山みどり、前原礼子、三宅沙苗、山田タケシ。


アンティーゴネ裏.jpg



山田タケシさんは、劇団匂組(わぐみ)の公演では、毎回、舞台監督を務めています。



あらすじ:テーベの王女・アンティーゴネは、叔父のクレオン王が仕掛けた侵略戦争で、戦場から逃亡したた兄・ポリュネイケスが、見せしめにクレオンに殺されてしまいます。



王は、彼の屍を葬ることを禁じるのですが、アンティーゴネは、その禁を破って兄を弔い、王に抵抗します。。。



オープニング、8人のコロス(古代ギリシア劇の合唱隊)が楽器を演奏し、歌いながら登場します。このコロス、民衆を代弁しているのでしょうね。



観劇中、現代の政治・社会情勢につながるものがあると感じていました。ギリシャ悲劇から、我々が学ぶことがあると気づかされた舞台でした。



尚、本公演は既に終了しています。


 


===「演劇」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e1e335843a7bf9f47fc197f5958cfbd8


1~30幕 省略


31幕 2016/8/22 『ミュージカル「シンデレラ」2016』 川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5725602225b22c88e0de871e8be077f


32幕 2016/9/13 『劇団匂組「虹の刺青」』 東池袋アートスペースサンライズホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb


33幕 2016/10/1 『Only Stupid They』学芸大学千本桜ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edc5e6c3b2bd1c5a56607e92366ce244


34幕 2017/1/8 『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.6』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a757e16f39d3c224b8fc9c4f31bfdf7


35幕 2017/2/19 『第二回 楽天・らっ好二人会』お江戸両国亭 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c84629280229cb0ab5b26e153d274eeb


36幕 2017/5/8 『ミュージカル「白雪姫 2017』川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b69d191f26dee9e518178c1d9332b03d


37幕 2017/7/22 『Faber&Ludens 「家族のSHIN話」』 荻窪小劇場 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a58c84cd654364c3280273926bd30f5


38幕 2017/10/1 『劇団匂組「ミロンガ」』SPACE梟門 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1577d024734ec57a1090c651011b1f09


39幕 2018/1/11 『三遊亭楽天 初笑い落語会』Brighton Studio Daikanyama http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/256841631762d6a3926a023363e684cd


40幕 2018/4/18 『上手に伝えられなくて』花まる学習会王子小劇場 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68d832a7cfb6aba04325b06121e6ab44


41幕 2018/6/23 『紙屋悦子の青春』キンダースペースアトリエ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ef794773d8d2833bf20afca9b61afc1b


番外編 2018/7/5『訃報:桂歌丸さん』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25d9f7362c786d8095c0f5dd5c0f92df


 


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

演劇 番外編 『訃報:桂歌丸さん』 [演劇]

隊長が観た芝居・ミュージカル・古典芸能を紹介する「演劇」の番外編は、『訃報:桂歌丸さん』をお送りします。


桂歌丸.jpg



落語家の桂歌丸さんが7月2日、慢性閉塞性肺疾患のため亡くなられました。享年、81歳。



歌丸さんと言えば、テレビ番組「笑点」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3bd3d6a5d708e3cf840c6b67811b7296 の司会を長く務めたことで知られていますが、落語芸術協会の会長としても、寄席芸能の発展に尽力されてきました。



「笑点」の顔として、落語を身近に感じられるようにした功績は、大きいですね。



歌丸さんの高座へ行ったことがないうちに、亡くなられたのが残念です。



尚、「隊長のブログ」では、落語・落語家に関する記事を、これまでに10回アップしています。



取り上げた落語家は、立川談志、立川志の輔、立川談春、五代目三遊亭圓楽、六代目三遊亭円楽、立川ぜん馬、三遊亭楽生、三遊亭楽天、三遊亭らっ好、桂歌丸、林家木久扇、三遊亭好楽、三遊亭小遊三、春風亭昇太、林家たい平、林家木りん、林家あずみ、林家時蔵、桂宮治、柳家さん若、春風亭一花、の21人(順不同)。



詳細は、こちらをご覧下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/84d66d6e96aee76ad716ec8905b42d67


 



===「演劇」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e1e335843a7bf9f47fc197f5958cfbd8


1~30幕 省略


31幕 2016/8/22 『ミュージカル「シンデレラ」2016』 川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5725602225b22c88e0de871e8be077f


32幕 2016/9/13 『劇団匂組「虹の刺青」』 東池袋アートスペースサンライズホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb


33幕 2016/10/1 『Only Stupid They』学芸大学千本桜ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edc5e6c3b2bd1c5a56607e92366ce244


34幕 2017/1/8 『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.6』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a757e16f39d3c224b8fc9c4f31bfdf7


35幕 2017/2/19 『第二回 楽天・らっ好二人会』お江戸両国亭 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c84629280229cb0ab5b26e153d274eeb


36幕 2017/5/8 『ミュージカル「白雪姫 2017』川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b69d191f26dee9e518178c1d9332b03d


37幕 2017/7/22 『Faber&Ludens 「家族のSHIN話」』 荻窪小劇場 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a58c84cd654364c3280273926bd30f5


38幕 2017/10/1 『劇団匂組「ミロンガ」』SPACE梟門 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1577d024734ec57a1090c651011b1f09


39幕 2018/1/11 『三遊亭楽天 初笑い落語会』Brighton Studio Daikanyama http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/256841631762d6a3926a023363e684cd


40幕 2018/4/18 『上手に伝えられなくて』花まる学習会王子小劇場 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68d832a7cfb6aba04325b06121e6ab44


41幕 2018/6/23 『紙屋悦子の青春』キンダースペースアトリエ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ef794773d8d2833bf20afca9b61afc1b


 


nice!(14)  コメント(1) 
共通テーマ:芸能

演劇 41幕 『紙屋悦子の青春』 [演劇]

隊長が観た芝居・ミュージカル・古典芸能を紹介する「演劇」の第41回は、『紙屋悦子の青春』をお送りします。


kamiyaomote-2.jpg



6月21日(木)の午後は、「劇団キンダースペース」 レパートリーシアター V0l.42『紙屋悦子の青春』を観に行ってきました。


会場は、京浜東北線・西川口駅から徒歩2分の「キンダースペースアトリエ」。


DSC_0005.JPG



『紙屋悦子の青春』の作者は、松田正隆。声高ではなく、静かに戦争の悲惨さを伝え続けている作品です。



本公演の演出は、原田一樹。



キャストは、林修司、榊原奈緒子、山田都和子、坂本奈都実、関戸滉生、森下高志、小林幸雄、瀬田ひろ美。



榊原さんは、『虹の刺青』 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb で、山田五十鈴 役を、小林さんは、『ミロンガ』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1577d024734ec57a1090c651011b1f09 で、瀬川滋 役を演じています。



物語の舞台は、敗戦の色が日ごとに濃くなっていく1945年春の鹿児島。3月10日の東京大空襲で、両親を亡くした紙屋悦子(山田都和子と坂本奈都実のダブルキャスト)は、お国の勝利を信じて、兄夫婦(林修司、榊原奈緒子)の元で、慎ましやかに暮らしていました。



悦子は、兄の後輩である海軍少尉・明石(森下高志)にほのかな恋心を抱いていましたが、兄が見合いの相手として持って来たのが、明石と同期の永与(関戸滉生)。



明石は、戦闘機の操縦士。永与は、整備士でした。悦子が、永与との結婚を承諾して間もなく、明石が特攻隊として出撃することが決まり、前日に紙屋家に最後の別れを告げに来ましたが。。。



戦争により引き裂かれた淡い恋という、重いテーマのですが、笑いを誘うセリフもあり、1時間40分の上演中、舞台に引き込まれて観ていました。



場面転換はなく、紙屋家の居間で全ての物語が進行していくのですが、他の場所での出来事が目の前に浮かぶかのような演出でした。



『紙屋悦子の青春』の最終上演は、明日(24日)の午後2時からです。詳細は、「劇団キンダースペース」のHP⇒ http://www.kinder-space.com/index.html をご覧ください。


 


===「演劇」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e1e335843a7bf9f47fc197f5958cfbd8


1~25幕 省略


26幕 2015/11/16『「しあわせのタネ」再演』 座・高円寺 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/86251dae5fcd08d81adc691cac61a418


27幕 2015/12/18『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.4』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/84f5adacca9ecd679af51a7eca4c24a6


28幕 2016/4/26 『第1回 三遊亭楽天落語会』 大森スポーツセンター http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06d7f6e8f98331f140be87b5b19de47f


29幕 2016/5/25 『林家たい平独演会』 文京シビック小ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c46e3fb0200271df9dcb486f7625d06a


30幕 2016/6/30 『東洋大学で落語の公演』 井上円了ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/51d7ee6a2c3722cddbb8666e61c3dac0


31幕 2016/8/22 『ミュージカル「シンデレラ」2016』 川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5725602225b22c88e0de871e8be077f


32幕 2016/9/13 『劇団匂組「虹の刺青」』 東池袋アートスペースサンライズホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb


33幕 2016/10/1 『Only Stupid They』学芸大学千本桜ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edc5e6c3b2bd1c5a56607e92366ce244


34幕 2017/1/8 『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.6』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a757e16f39d3c224b8fc9c4f31bfdf7


35幕 2017/2/19 『第二回 楽天・らっ好二人会』お江戸両国亭 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c84629280229cb0ab5b26e153d274eeb


36幕 2017/5/8 『ミュージカル「白雪姫 2017』川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b69d191f26dee9e518178c1d9332b03d


37幕 2017/7/22 『Faber&Ludens 「家族のSHIN話」』 荻窪小劇場 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a58c84cd654364c3280273926bd30f5


38幕 2017/10/1 『劇団匂組「ミロンガ」』SPACE梟門 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1577d024734ec57a1090c651011b1f09


39幕 2018/1/11 『三遊亭楽天 初笑い落語会』Brighton Studio Daikanyama http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/256841631762d6a3926a023363e684cd


40幕 2018/4/18 『上手に伝えられなくて』花まる学習会王子小劇場 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68d832a7cfb6aba04325b06121e6ab44


 


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

演劇 40幕 『上手に伝えられなくて』 [演劇]

隊長が観た芝居・ミュージカル・古典芸能を紹介する「演劇」の第40回は、『上手に伝えられなくて』をお送りします。


表.jpg



4月14日(土)の午後は、劇団「〇〇Pソファ(マルマルピーソファ)」旗揚げ公演『上手に伝えられなくて』を観に行ってきました。



会場は、[地下鉄]王子駅から徒歩3分の「花まる学習会王子小劇場」。


DSC_0039.JPG



本公演の作・演出は藤田久雄。



キャストは、藤田ひさお、蒼木(あおき)まや、佐々木怜司、麻子、安藤清美、渕山将文、井木順二、住永侑太、手塚優(ゆう)、吉富優、吉村彩、福田如子(なおこ)。


裏.jpg



隊長のお目当ては、『虹の刺青』 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb に出演した手塚優さん。



観劇後の感想:



発達障害を持つ青年が、家族に見捨てられたあとに生きていく困難さを描いた物語。この難しいテーマを、笑いのオブラートに包んだ脚本が良かった。



面白かった。隊長が一番大きな声で笑っていたので、他の観客にご迷惑をかけたのではないかと心配しています。



凡庸な表現ですが、笑いあり涙ありの舞台だった。



手塚さんが演じた岩崎。一番善人に見えていたのに、突然本性を現した時の狂気感が、観ていて怖くなるほどだった。



ヒロイン、広瀬こずえ役の蒼木まやさん。初舞台とは思えない演技でした。清潔感溢れる女優さんで、今後の活躍が楽しみですね。



主人公、生田つよし役の藤田ひさおさん。この種の障害を持つ方を長年観察していたかのような自然な演技で素晴らしかった。



他の演者さんも、皆さん役になりきっていて、良かった。



舞台美術(阿部一郎)、古びた喫茶店(アンティーク)感が出ていた。暗転時に、桜の枝に花を咲かせたのだが、本当に咲いているかように見えた。



音楽(長谷川ふな蔵)も、ストーリーに相応しくて良かった。 


 



===「演劇」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e1e335843a7bf9f47fc197f5958cfbd8


1~25幕 省略


26幕 2015/11/16『「しあわせのタネ」再演』 座・高円寺 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/86251dae5fcd08d81adc691cac61a418


27幕 2015/12/18『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.4』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/84f5adacca9ecd679af51a7eca4c24a6


28幕 2016/4/26 『第1回 三遊亭楽天落語会』 大森スポーツセンター http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06d7f6e8f98331f140be87b5b19de47f


29幕 2016/5/25 『林家たい平独演会』 文京シビック小ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c46e3fb0200271df9dcb486f7625d06a


30幕 2016/6/30 『東洋大学で落語の公演』 井上円了ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/51d7ee6a2c3722cddbb8666e61c3dac0


31幕 2016/8/22 『ミュージカル「シンデレラ」2016』 川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5725602225b22c88e0de871e8be077f


32幕 2016/9/13 『劇団匂組「虹の刺青」』 東池袋アートスペースサンライズホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb


33幕 2016/10/1 『Only Stupid They』学芸大学千本桜ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edc5e6c3b2bd1c5a56607e92366ce244


34幕 2017/1/8 『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.6』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a757e16f39d3c224b8fc9c4f31bfdf7


35幕 2017/2/19 『第二回 楽天・らっ好二人会』お江戸両国亭 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c84629280229cb0ab5b26e153d274eeb


36幕 2017/5/8 『ミュージカル「白雪姫 2017』川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b69d191f26dee9e518178c1d9332b03d


37幕 2017/7/22 『Faber&Ludens 「家族のSHIN話」』 荻窪小劇場 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a58c84cd654364c3280273926bd30f5


38幕 2017/10/1 『劇団匂組「ミロンガ」』SPACE梟門 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1577d024734ec57a1090c651011b1f09


39幕 2018/1/11 『三遊亭楽天 初笑い落語会』Brighton Studio Daikanyama http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/256841631762d6a3926a023363e684cd


 


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

演劇 39幕 『三遊亭楽天 初笑い落語会』 [演劇]

隊長が観た芝居・ミュージカル・古典芸能を紹介する「演劇」の第39回は、『三遊亭楽天 初笑い落語会』をお送りします。


 DSC_0005.JPG



1月6日(土)の午後は、三遊亭楽天さんの独演会「新春恒例・初笑い落語会 RAKUGO×MUSIC」に行ってきました。



会場は、渋谷の「Brighton Studio Daikanyama」。


DSC_0003.JPG



楽天さんの落語を聴きに行くのは、去年2月の『第二回 楽天・らっ好二人会』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c84629280229cb0ab5b26e153d274eeb 以来です。楽天さん、ご無沙汰していて申し訳ございません。



会場は、普段はヨガスタジオに使用されているそうです。鏡があり、楽天さんもおっしゃっていた様に、滅多に見られない“落語家の後ろ姿”が見られました。



写真撮影はOKでしたが、他のお客様が撮られていないので、撮ったのはこの一枚だけです。



演目は、前半が「道灌(どうかん)」と「長短」、休憩を挟んだ後半は「死神(しにがみ)」と「目薬」の計四題。



「道灌」では、楽天さんが、「これも落語で珍しい試みです」と言いながら、お客さんにスマホで“山吹”と“道灌”のキーワードで画像検索する様に話しかけます。



検索すると一番に表示される「太田道灌初歌道志図」の日本画を頭に入れて、話しを聴いて下さいと進めました。



もちろん太田道灌が江戸城⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bdf7ca0c08da5a4c63d9504bc0bea41c を築城したことも、「七重八重花は咲けども山吹の実の(蓑)ひとつだになきぞかなしき」の古歌も知っていましたが、落語「道灌」を聴くのは初めてで、面白かったです。



「死神」を演じている時の楽天さんの表情、まさに鬼気迫る「死神」の様に見えて、この日の四題のうち一番の出来だと思えた噺でした。



終演後は、ヨガスタジオの真ん中にテーブルを出し、楽天さんとお客さんとの打ち上げがありました。



打ち上げでの楽天さんの楽屋話も、興味津々の話しもあり、面白かったです。



最後の写真は、落語繋がりで、友人から頂いた「笑点雷おこし」。


DSC_0002.JPG



尚、「隊長のブログ」では、落語・落語家に関する記事を、これまでに9回アップしています。


取り上げた落語家は、立川談志、立川志の輔、立川談春、五代目三遊亭圓楽、六代目三遊亭円楽、立川ぜん馬、三遊亭楽生、三遊亭楽天、三遊亭らっ好、桂歌丸、林家木久扇、三遊亭好楽、三遊亭小遊三、春風亭昇太、林家たい平、林家木りん、林家あずみ、林家時蔵、桂宮治、柳家さん若、春風亭一花、の21人(順不同)。


詳細は、こちらをご覧下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/84d66d6e96aee76ad716ec8905b42d67


 



===「演劇」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e1e335843a7bf9f47fc197f5958cfbd8


1~25幕 省略


26幕 2015/11/16『「しあわせのタネ」再演』 座・高円寺 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/86251dae5fcd08d81adc691cac61a418


27幕 2015/12/18『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.4』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/84f5adacca9ecd679af51a7eca4c24a6


28幕 2016/4/26 『第1回 三遊亭楽天落語会』 大森スポーツセンター http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06d7f6e8f98331f140be87b5b19de47f


29幕 2016/5/25 『林家たい平独演会』 文京シビック小ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c46e3fb0200271df9dcb486f7625d06a


30幕 2016/6/30 『東洋大学で落語の公演』 井上円了ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/51d7ee6a2c3722cddbb8666e61c3dac0


31幕 2016/8/22 『ミュージカル「シンデレラ」2016』 川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5725602225b22c88e0de871e8be077f


32幕 2016/9/13 『劇団匂組「虹の刺青」』 東池袋アートスペースサンライズホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb


33幕 2016/10/1 『Only Stupid They』学芸大学千本桜ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edc5e6c3b2bd1c5a56607e92366ce244


34幕 2017/1/8 『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.6』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a757e16f39d3c224b8fc9c4f31bfdf7


35幕 2017/2/19 『第二回 楽天・らっ好二人会』お江戸両国亭 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c84629280229cb0ab5b26e153d274eeb


36幕 2017/5/8 『ミュージカル「白雪姫 2017』川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b69d191f26dee9e518178c1d9332b03d


37幕 2017/7/22 『Faber&Ludens 「家族のSHIN話」』 荻窪小劇場 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a58c84cd654364c3280273926bd30f5


38幕 2017/10/1 『劇団匂組「ミロンガ」』SPACE梟門 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1577d024734ec57a1090c651011b1f09


 


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

演劇 38幕 『劇団匂組 「ミロンガ」』 [演劇]

隊長が観た芝居・ミュージカル・古典芸能を紹介する「演劇」の第38回は、『劇団匂組 「ミロンガ」』をお送りします。


ミロンカ゛ 表ブログ用.jpg



劇団匂組(わぐみ)は、10月4日(水)から10月8日(日)まで、新宿三丁目のSPACE 梟門(きょうもん)にて、「ミロンガ」を上演いたします。



これまでに、劇作家 大森匂子(わこ)及び、彼女が主催する劇団匂組の作品は;



2012年6月に『泣いて笑った私の人生』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e9aec8a60e8e7b375fe88cac45278ee9



2012年12月に『あかつき』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/963b1a36fb399e91a334a0816ce2a5f2



2013年10月に『1300里の彼方~えにしの氷川丸』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8105ee6e7fc73d7a3f5c152fcff25cb0



2014年1月に 『みすゞかる』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1bc9ed6087b91559e8840b4c64971d69



2016年9月に『虹の刺青』 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb



を、取り上げています。



今回上演する「ミロンガ」は、脚本:大森匂子、演出:村上秀樹の作品です。


ミロンカ゛ 裏ブログ用.jpg


    
主人公は、昔は学生運動の闘士でしたが、今では58歳の平凡な主婦の郁子。



若い娘を交えての語らいの中で、次第に明らかになっていく青春時代の挫折と真実の物語です。



団塊の世代の方は勿論、若い方にも観てもらいたい芝居になっています。



尚、チケットの申し込み方法は、劇団匂組のブログ⇒ https://ameblo.jp/gegidanwagumi/entry-12312409843.html にて案内しています。


 



===「演劇」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e1e335843a7bf9f47fc197f5958cfbd8


1~25幕 省略


26幕 2015/11/16『「しあわせのタネ」再演』 座・高円寺 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/86251dae5fcd08d81adc691cac61a418


27幕 2015/12/18『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.4』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/84f5adacca9ecd679af51a7eca4c24a6


28幕 2016/4/26 『第1回 三遊亭楽天落語会』 大森スポーツセンター http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06d7f6e8f98331f140be87b5b19de47f


29幕 2016/5/25 『林家たい平独演会』 文京シビック小ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c46e3fb0200271df9dcb486f7625d06a


30幕 2016/6/30 『東洋大学で落語の公演』 井上円了ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/51d7ee6a2c3722cddbb8666e61c3dac0


31幕 2016/8/22 『ミュージカル「シンデレラ」2016』 川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5725602225b22c88e0de871e8be077f


32幕 2016/9/13 『劇団匂組「虹の刺青」』 東池袋アートスペースサンライズホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb


33幕 2016/10/1 『Only Stupid They』学芸大学千本桜ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edc5e6c3b2bd1c5a56607e92366ce244


34幕 2017/1/8 『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.6』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a757e16f39d3c224b8fc9c4f31bfdf7


35幕 2017/2/19 『第二回 楽天・らっ好二人会』お江戸両国亭 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c84629280229cb0ab5b26e153d274eeb


36幕 2017/5/8 『ミュージカル「白雪姫 2017』川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b69d191f26dee9e518178c1d9332b03d


37幕 2017/7/22 『Faber&Ludens 「家族のSHIN話」』 荻窪小劇場 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a58c84cd654364c3280273926bd30f5


 


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

演劇 37幕 『Faber&Ludens 「家族のSHIN話」』 [演劇]

隊長が観た芝居・ミュージカル・古典芸能を紹介する「演劇」の第37回は、『Faber&Ludens家族のSHIN話」』をお送りします。


7.13faber2.jpg



7月17日(月・祝)の昼は、Faber&Ludens 第2回公演「家族のSHIN話」を観に行って来ました。



作・演出は、寺本晃輔さん。



「Faber&Ludens(ファーベルとルーデンス)」は、寺本晃輔さんが演劇を創る場として設立しました。



会場は、荻窪駅より徒歩10分の「荻窪小劇場」。


DSC_0675.JPG



この舞台を観ようと思ったのは、『劇団匂組「虹の刺青」』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb のキャストだった手塚優(ゆう)さんが、“イザナ聞”役で出演していたからです。



ダブルキャストなので、隊長が観た回の他の出演者を紹介すると、“イザナ見”役に寺本晃輔さん、“ククリ姫”役に朱哩(あかり)さん、“KAGU”役に齊田悟さん。


74.13faber1.jpg



物語の設定は、イザナキ、イザナミが出てくるので日本神話? それとも、かぐや姫が出てくるので、おとぎ話の世界? セリフの口調から時代は今?



舞台には、プールが設営され、水が張られています。役者さんたちは、そのプールの中でモガキ、びしょ濡れになりながら演じていました。



あらすじは、父・母・祖母・娘のどこにでもある家庭。それぞれが、家族に対して不満や、隠し事をかかえて生活をしています。それが、ある日爆発して。。。



これはコメディタッチの家族ドラマかと思って観ていたら、ラスト15分から衝撃の展開でした。まさか、テーマが“原発神話の崩壊”だったとは! いい意味、裏切られた思いです。



そのラスト15分。ドジで平凡な父親と母親だった“イザナ聞”役の手塚さんと、“イザナ見”役の寺本さんが、狂気の表情に変わるのが凄かった。



母親と娘を男性のお二人が演じていたのも、セリフに生々しさを感じられずにかえって良かったと思いました。



タイトルの「家族のSHIN話」が、“神話”ではなくラテン語の“SIN(罪)”となっている理由も、観終えて納得しました。



神話を創るのが、罪なのでしょうね。ただ、それにどれだけの人が気がついいているのでしょうか。



それに、漫画家の松本壱太郎さんのチラシ、チケット、舞台美術、当日パンフレットのデザインも、本作品のテーマを見事に象徴していて素敵でした。


CCF20170720_00000.jpg



    



===「演劇」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e1e335843a7bf9f47fc197f5958cfbd8


1~25幕 省略


26幕 2015/11/16『「しあわせのタネ」再演』 座・高円寺 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/86251dae5fcd08d81adc691cac61a418


27幕 2015/12/18『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.4』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/84f5adacca9ecd679af51a7eca4c24a6


28幕 2016/4/26 『第1回 三遊亭楽天落語会』 大森スポーツセンター http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06d7f6e8f98331f140be87b5b19de47f


29幕 2016/5/25 『林家たい平独演会』 文京シビック小ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c46e3fb0200271df9dcb486f7625d06a


30幕 2016/6/30 『東洋大学で落語の公演』 井上円了ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/51d7ee6a2c3722cddbb8666e61c3dac0


31幕 2016/8/22 『ミュージカル「シンデレラ」2016』 川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5725602225b22c88e0de871e8be077f


32幕 2016/9/13 『劇団匂組「虹の刺青」』 東池袋アートスペースサンライズホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb


33幕 2016/10/1 『Only Stupid They』学芸大学千本桜ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edc5e6c3b2bd1c5a56607e92366ce244


34幕 2017/1/8 『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.6』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a757e16f39d3c224b8fc9c4f31bfdf7


35幕 2017/2/19 『第二回 楽天・らっ好二人会』お江戸両国亭 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c84629280229cb0ab5b26e153d274eeb


36幕 2017/5/8 『ミュージカル「白雪姫 2017』川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b69d191f26dee9e518178c1d9332b03d


 


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

演劇 36幕 『ミュージカル 「白雪姫」 2017』 [演劇]

隊長が観た芝居・ミュージカル・古典芸能を紹介する「演劇」の第36回は、『ミュージカル「白雪姫」2017』をお送りします。


CCF20170507_00000.jpg



5月6日(金)の夜は、ファミリーミュージカル『白雪姫』を観に行って来ました。



会場は「川崎市高津市民会館ノクティホール」、主催者はamicoです。



amicoの舞台は、2011年8月の『白雪姫』、



2013年8月の『シンデレラ』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ada396ad40a51fc7781a1639061838c4



2016年8月の『シンデレラ』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5725602225b22c88e0de871e8be077f



に次いで、4度目の観劇です。



ファミリーミュージカルと銘打っている様に、家族での来場者が殆どです。



今回は、5月6日、7日の二日間全三公演で、主役の白雪姫は、工藤まいさんと、土屋まなみさんのダブルキャストです。


CCF20170507_00001.jpg



演出は、本城敬志さん。音楽は、亀井博史さん。振付は、遠山結子さん。


CCF20170507_00002.jpg



隊長が観に行ったのは、土屋まなみさんが白雪姫を演じる回。



過去に観劇した工藤まいさん演じる、白雪姫やシンデレラも素晴らしい出来栄えでしたが、“7人の小びと”や“ねずみ”の役を演じていた土屋まなみさんの演技力、歌唱力を高く評価していたので、今回、彼女の白雪姫役に注目して観に行きました。



オープニング、王子役の仙谷陽亮さんが、客席から登場する演出、初めて舞台を観る子供たちには驚きに、目の肥えた観客には新鮮に映るのではないでしょうか。



土屋まなみさん、初めての主役で緊張しているのかと想像していたのですが、堂々たる舞台で、白雪姫になりきっていました。



amicoのミュージカルを観るのは、4回目ですが、キャストの皆さん、セリフも歌も声が良く通るようになりました。



最初の頃は、セリフの声がこもったりした場面も見かけましたが、当然のことながら、舞台を重ねるごとに進化しているのですね。



それと、衣装も素敵になりましたよね。特に、子役が演じる“小鳥”の衣装が綺麗に映りました。



「白雪姫を襲う兵士」の曲では、隊長の席の側に座っていた少女が、怖がってお母さんに抱きつくのを横目で見て、観客が物語に引き込まれているのがよくわかりました。



一幕最後の曲「Wash the Hands」、軽快な曲で、白雪姫と7人の小人達のダンスシーンの出来きも良く、そのまま緞帳を閉じて、休憩時間に移る演出が自然に見えて良かったです。



二幕のオープニング曲「小人たちのビッグバンド」、白雪姫と小人達の楽器演奏が、休憩直後の客席を、現実から物語の世界に引き戻す効果がありましたね。



女王が変身したあとの魔女のメークも、恐怖を感じさせてくれます。専門のメークさんがいたのか知りませんが、演者のメークも全体的に良かったです。



白雪姫が騙されて毒リンゴを食べさせられてしまう物語のクライマックスシーン、「それぞれの想い」の曲を、下手で白雪姫が、真ん中で魔女が、上手で小人たちが、歌う、舞台上での立ち位置が、「それぞれの想い」がわかる演出で良かった。



ベッドに横たわっている白雪姫が、王子のキスにより目覚めるシーンの照明の使い方が、素敵でした。



舞台上のセットがシンプルなのも、舞台を見慣れていない子供たちには、視線が散乱してしまうことがなく、演者に集中させる効果があったのでは。



セットの移動を暗転して行うのも、観劇機会の少ない子供たちに、舞台の仕組みがわかって良かったと思います。



公演時間が、休憩10分を挟み、二幕で約1時間半というのも、幼い子供たちには、飽きが来ない時間設定になっていました。



唯一、注文を付けるとしたら、“7人の小びと”各自のキャラ設定を、もっと個性的にした方が良かったのでは。



工藤まいさんの演じる“ガクブル”は、メークも“汚れ役”にしたり、歌、踊りも、さすが工藤まいさんと思わせてくれましたが、他の小人の役も強烈に演じても面白かったと思います。



公演終了後には、キャストたちが出口近くにいて、子供との記念撮影に応じている場面は、いつ見ても、微笑ましい気分にさせてくれます。



隊長が観劇した翌日の昼の部は、満席でキャンセル待ちが出るほど、今回の公演は大成功だったようですね。



    



===「演劇」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e1e335843a7bf9f47fc197f5958cfbd8


1~25幕 省略


26幕 2015/11/16『「しあわせのタネ」再演』 座・高円寺 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/86251dae5fcd08d81adc691cac61a418


27幕 2015/12/18『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.4』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/84f5adacca9ecd679af51a7eca4c24a6


28幕 2016/4/26 『第1回 三遊亭楽天落語会』 大森スポーツセンター http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06d7f6e8f98331f140be87b5b19de47f


29幕 2016/5/25 『林家たい平独演会』 文京シビック小ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c46e3fb0200271df9dcb486f7625d06a


30幕 2016/6/30 『東洋大学で落語の公演』 井上円了ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/51d7ee6a2c3722cddbb8666e61c3dac0


31幕 2016/8/22 『ミュージカル「シンデレラ」2016』 川崎ノクティホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5725602225b22c88e0de871e8be077f


32幕 2016/9/13 『劇団匂組「虹の刺青」』 東池袋アートスペースサンライズホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/20ad8e45dbba429bfe5c71e5ce30e8cb


33幕 2016/10/1 『Only Stupid They』学芸大学千本桜ホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edc5e6c3b2bd1c5a56607e92366ce244


34幕 2017/1/8 『昭和歌謡コメディ~築地 ソバ屋 笑福寺~Vol.6』 築地本願寺ブディストホール http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a757e16f39d3c224b8fc9c4f31bfdf7


35幕 2017/2/19 『第二回 楽天・らっ好二人会』お江戸両国亭 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c84629280229cb0ab5b26e153d274eeb


 


タグ:白雪姫 amico
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

演劇 35幕 『第二回 楽天・らっ好二人会』 [演劇]

隊長が観た芝居・ミュージカル・古典芸能を紹介する「演劇」の第35回は、『第二回 楽天・らっ好二人会』をお送りします。

CCF20170217_00000.jpg


2月17日(金)の夜は、墨田区両国にある「お江戸両国亭」に三遊亭楽天さんと三遊亭らっ好さんの落語を聞きに行きました。

DSC_0004.JPG


楽天さんは、六代目三遊亭円楽さんの弟子。らっ好さんは、三遊亭好楽さん一門の三遊亭好太郎さんの弟子。お二人とも二つ目です。


お二人の落語を聞くのは、去年4月の『第1回 三遊亭楽天落語会』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06d7f6e8f98331f140be87b5b19de47f 以来。


京葉道路に面した「お江戸両国亭」の前を通ったことはあるのですが、中に入るのは初めてです。

DSC_0007.JPG


さすが、“相撲の街両国”、席亭の中に相撲の像が置いてありました。

DSC_0008.JPG


この日の演目は、一席目が、らっ好さんの「弥次郎」。


“うそつき弥次郎”と異名をとるホラ吹き男が、ご隠居の前で、北海道に行ったらあまりの寒さで、挨拶の「おはよう」の声まで凍ってしまうとか。


木曽の山中で山賊に出会ったが、大男を岩を投げるが如くに投げ飛ばしたとか言いたい放題の話しを面白可笑しく聞かせてくれました。


二席目が、楽天さんの「井戸の茶碗」。


正直者のくず屋の清兵衛が、客先に訪れた頑固な浪人とお侍の間に挟まれて右往左往する人情話しです。


中入(休憩)後の三席目は、楽天さんの「時そば」。


殆どの方が一度は聞いたことのある、屋台の二八そば屋を“いまなんどき”と言い、騙すお話しです。


楽天さんが、そばを美味しそうに食べるのを見て、夕食前の隊長はお腹が空いてきてしまいました。


「禁酒番屋」を観た時も、お酒を本当に美味しそうに飲んでいました。楽天さんは、飲み食いの仕草を演じるのが上手ですね。


“トリ”が、らっ好さんの「阿武松(おうのまつ)」。


大食いが原因で、里に返されたのを苦にして自殺をしようとした相撲取りを、旅籠の主人が助けるという人情話しです。


“相撲の街両国”に相応しい演目で、“トリ”を飾ってくれました。


金曜日の夜、お二人の落語で楽しい時間を過ごせました。


家に帰って気がついたのですが、せっかく両国まで行ったのだから、愛犬グリフィンが眠っている「回向院」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/09a5fda229575e338ec7f3b7c0ae8e73 にお参りしてくればと悔やみました。


次回「お江戸両国亭」に行く機会があったら、「回向院」にお参りしようと思っています。

尚、「隊長のブログ」では、落語・落語家に関する記事を、これまでに7回アップしています。


取り上げた落語家は、立川談志、立川志の輔、立川談春、五代目三遊亭圓楽、六代目三遊亭円楽、立川ぜん馬、三遊亭楽生、三遊亭楽天、三遊亭らっ好、桂歌丸、林家木久扇、三遊亭好楽、三遊亭小遊三、春風亭昇太、林家たい平、林家木りん、林家あずみ、林家時蔵、桂宮治、柳家さん若、春風亭一花、の21人(順不同)。


詳細は下記の記事一覧をご参照下さい。


 
===「落語」 記事一覧=== 

No.1  2015/8/14 『談志の遺言 一期一会Ⅱ~立川談志 アジア紀行(中国 大連編)~』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/86db66a1b7ab6dbc3401ac4b0bd19196

No.2  2016/1/6  『ドラマ「赤めだか」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6254201372e1d84cb2d78de3d2f1cb3c

No.3  2015/10/29『三遊亭楽天 二ツ目昇進披露興行』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/508e92c0758534cb601556624b87fe49

No.4  2016/2/24 『笑点』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3bd3d6a5d708e3cf840c6b67811b7296

No.5  2016/4/26 『第1回 三遊亭楽天落語会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06d7f6e8f98331f140be87b5b19de47f

No.6  2016/5/25 『林家たい平独演会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c46e3fb0200271df9dcb486f7625d06a

No.7  2016/6/30 『東洋大学で落語の公演』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/51d7ee6a2c3722cddbb8666e61c3dac0


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。